連載・6 お料理エッセー・そら豆のひとりごと。 想い出のスイートポテト。


連載・6 お料理エッセー・そら豆のひとりごと。

想い出のスイートポテト。

きょうはとても寒くて、日本の本州でも、雪景色のところがあった。

汽車の窓から見る雪景色と遠くの山々の風情は、

本州であっても北海道であっても、とても似た雰囲気になる。

雪の白さが、すべて視界を埋め尽くすからかもしれない。



車窓の雪景色というと思い出すのが、

北海道の帯広に旅したときのことである。

それは真冬のことだった。

帯広の友達が、あちこちと案内してくれた。

「帯広の名物というとスイートポテトだから」と言って、

連れて行ってくれたのが、「アンデルセン」という菓子店である。

(現在は店名を改めて、クランベリー、というらしい)



北海道の名産品というといろいろある。

小樽は寿司で、札幌はラーメンかもしれない。

そして帯広は、おいしいお菓子の街である。

聞くところによると、北海道は年間を通して気温が低いので、

チョコレートの保存や製作に適していて、

ミルクやバターの製造もしている。

材料豊富で気候がいいということらしい。



帯広には、六花亭や千秋庵などの、昔から道民になじんでいる菓子店があって、

それらの店舗が統合されたり拡大されたりして、

こういう菓子店にぎわいになったようだ。



「スイートポテト」というと、とてもおしゃれな雰囲気があるが、

日本でいうと、「さつまいも」である。

さつまいもを使って作ったのが、「スイートポテト」というお菓子になる。

店によってもいろいろな作り方があると思うが、

帯広のスイートポテトは、薄いパイ生地の上に、ぼってりとポテトが乗っていた。

さつまいもをふかして、ペースト状にしたものを乗せてあるのだろう。

そしてそれをオーブンで焼いたのだと思う。



帯広のスイートポテトでとても特徴的だったのは、

それが、掌からはみだすほど大きかった、ということだ。

ちょっとしたお弁当箱ほどの大きさだった。



帯広駅で友達と別れてひとり汽車に乗り、

過ぎていく車窓の雪景色を見ていたら、とてもおなかが空いてきて、

彼女がバッグに押し込んでくれたスイートポテトの包みを、

なんだかただ、がむしゃらに食べた。

おなかと心が満たされたあと、ふしぎに、涙があふれてきた。