連載・4 お料理エッセー・そら豆のひとりごと。 お誕生日のスペシャルハンバーグ。


連載・4 お料理エッセー・そら豆のひとりごと。

お誕生日のスペシャルハンバーグ。

きょうは天皇誕生日。

誕生日の思い出メニューの話をしようと思う。

子どものころ、私の母は、とても料理好きだった。

結婚する前は忙しく働いていた女性だったので、料理はあまり知らなかったらしいが、

父と結婚してから、NHKの「きょうの料理」で一から覚えたのだという。

テレビ番組で学んだ料理は、「おふくろの味」とか「基礎の基礎をおさえる」というものではなく、

ときどきとても変わった盛り付けや味付けをすることがあった。

それも自分の家のやり方なので、ずっと長い間、「ほかの家とはなんかちがう」ということに、気が付かなかったものだ。



子どものころは、誕生日が近づくと、その日には自分の好きな料理を、

母にリクエストすることができた。

夕ご飯のおかずの決定権を握らせてもらうのである。

そして母はそれを、山盛りで作ってくれる。



きょうだいそれぞれに、好みのおかずがちがうので、これはとても優越感を感じられる、誕生日の特権である。



私の妹の大好物はハンバーグ。

母は、たくさんのひき肉を買って来て、早くから支度にとりかかる。

母のハンバーグは、「手でこねて丸い形を作る」という過程を省略してあって、

大きなボウルに入っているハンバーグのネタを、おたまじゃくしですくって、

そのままフライパンに乗せ、おたまでつぶして平たくしながら、焼く。



それでハンバーグのひとつひとつの形も大きさも、全部ちがう。

そして、小さめサイズである。

直径5センチくらいだろうか。

この平たいおせんべいのようなハンバーグを大皿に盛り、

自分の欲しい分だけ5枚でも6枚でも、とって食べる。

きょうだいで競争である。

食べながら、次のハンバーグが焼けてくる。



「たれ」は、ソースとケチャップをスプーンで混ぜたものが、

きょうだいたちの間で大流行していた。

これを妹がかきまわす。



おなかいっぱいいただいたあとにも、大皿にはハンバーグがたくさん残っている。

ここからがまたお楽しみだ。

母は、夕食の片づけが終わると、鍋にお湯を沸かして、醤油とみりんを入れる。

このあまじょっぱい汁のなかに、残ったハンバーグを入れて、

一晩漬け込む。



翌朝、鍋ごとあたためると、お醤油味の煮込みハンバーグのできあがりとなる。

私たちは母の、前夜と味付けを変えた、柔らかい煮込みハンバーグが大好きだった。



誕生日の夜、母にちょっとだけ、特別扱いされて、優先権をもらえる。

甘ったれのバースディプレゼントであった。