スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2019の投稿を表示しています

ほかの記事も、読んでみてね!

右上の三本線を、クリックしてみてください。
ラベル(カテゴリー)がでてきます。
これまでのブログ記事を、見ることができます。
よろしくお願いします。

お料理エッセー・84 玉子丼

玉子丼 レシピ まず、玉子ふたつを、ボウルか、かわいい丼に、割って入れて、それから、かきまぜておく。 次に、玉ねぎを半分に切って、スライスする。 片手鍋、これは、小さめのものが、使いやすい。 内側が、フッ素コートになっていると、焦げ付きにくいので、使いやすい。 Amazon で、 500 円くらいで販売されている。 この鍋に、水を、 300 ㏄、入れる。 ワンカップ焼酎が 200 ㏄なので、これを参考にするとよいかも。 水のなかに、スライスした玉ねぎを入れる。 それから火をつける。 沸騰したら、「ほんだし」を、ふりいれる。 小さじ一杯分。 味の素を毛嫌いする人がいるが、味の素は、昆布の表の白い粉である。 毒でもなんでもない。 この味の素を使ったのが、「ほんだし」である。 この「ほんだし」は、お味噌汁にも使えて、とてもおいしくて、簡単である。 スライスした玉ねぎが、煮えてきたら、味付けをする。 「さしすせそ」 さ → 砂糖、みりん、甘い調味料 し → 塩 す → 酢 せ → 醤油(せうゆ) そ → 味噌(みそのそ) この順番でいれると、味がよくしみこむ。 それなので、まず、砂糖を、小さじにほんの少し、入れる。 かきまぜる。 次に、みりんを、大さじ一杯、入れる。 かきまぜる。 少ししてから、塩を、小さじほんの少し、入れて、かきまぜる。 次に、醤油を、大さじ一杯、入れてかきまぜる。 ここまでで、味付けができあがり。 ここから、玉子でとじる。 割ってかきまぜておいた玉子を、鍋の上から、箸を使って、少しずつ、回して、流し込む。 全部、流し込んだら、少し強火にして、玉子に火を通す。 器に盛って、できあがり。 つゆだくがおいしい。 炊き立てのごはんにかけると、もっとおいしい。 玉ねぎの代わりに、ニラ、長ねぎ、でも作れる。 鶏肉を入れると、親子丼になる。 豚肉を入れると、他人丼になる。 とんかつでとじると、カツ丼になる。 https://www.amazon.co.jp/パール金属-18cm-フッ素加工-ワコートレーディ