スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2016の投稿を表示しています

ほかの記事も、読んでみてね!

右上の三本線を、クリックしてみてください。
ラベル(カテゴリー)がでてきます。
これまでのブログ記事を、見ることができます。
よろしくお願いします。

北風の季節。

北風が、まだまだ冷たい。 でも昼間は、雪がとけて、なんだか少し春めいてきた。 「不可能はない」と言っていたあのナポレオンさえ黙らせた、ロシアの冬将軍が、日本にもやってきた。 峠は越しただろうか。 日本のみんなに、何か伝えたいメッセージがあったのかもしれない。 ロシアの冬は、暖かい炎に、熱いお茶で、楽しくお話をする、冬なのだろうと思う。 日本でも、暖かく心を燃やして、たくさんの人を、だんらんの輪のなかに、入れてあげようと思う。

ロシア・北方領土問題について思うこと。メモ。

北海道にいたとき、ロシアにとって北海道やサハリンや北方領土は辺境だった。 大統領も、やってこなかった。 不凍港を求めている。 軍事基地にしたい。 不凍港に、オイルを輸入して、パイプラインを結び、モスクワまで通したい。 キルギスは、オイルのパイプライン問題で、大規模な衝突を起こしている。 ロシアは中国に対しても、オイルのパイプラインを要求しているが、中国側が応じない。 これは、ロシアの緊急性に気づかないからだと思われる。 日本にロシアの大統領がやってきたのは、プーチン大統領になってから。 中東からも、オイルを求めているが、方向を変えて、日本、アジア側から、石油の輸入をしようとしているが、ロシアの要求する意味がよくわからないので、ロシアの緊急性に気づかない。 北方領土には、以前は、ロシア人はほとんどいなかった。 大やけどに対応できる病院もなかった。 最近、ここ数年になって、択捉島に、病院や空港が出来始めている。 以前は、コンスタンチン君という、少年が、サハリンで大やけどをして、札幌の病院まで、ヘリコプターで運ばれてきて、処置をしてあげた。 そして、元気になって帰った。 市民からお金も集まった。 ロシアの要求するところ、つまり、石油パイプラインを、通してあげるかわりに、こちら側の要求を通すとよいのではないだろうか。 これは正常な国交の取引である。 ☆追記 北海道に住んでいるとわかる。 暖かい地方に暮らしているとわからないかもしれないが、ロシアのような寒い地方では、石油があるかないかは、死活問題である。 一年の半分は、雪と氷に閉ざされている。 ロシアとしても、あちこち掘って、石油が出ないかどうか確かめてみたのだろう、と思う。 でも、どこからも出なかったので、ロシアの国民が暮らして、経済活動をするためにも、石油が必要である。 じゃあ、原発は? ☆追記の追記 朝倉聡子としては、北海道に暮らしていたので、ロシアに親近感がある。 トルストイもロシアの作家である。 ロシア人に会ったこともある。 ロシア料理も、大好きである。 ピロシキ。ボルシチ。黒いパン。ロシアクッキー。サモワール。ジャム。 ☆追記の追記の追記 今、日本の上空に来ている寒気は、シベリア高気圧の寒気である。 ロシアはこんなに寒い。 電気ス

「CoCo壱番屋」は、なんの店か?

今、世間をにぎわせているニュースは、たくさんある。 お正月があけて、一年がまだ始まったばかりだというのに、SMAP問題、大雪、バス事故、北朝鮮問題、とたくさんの問題が起こっている。 しかし、なかでも一番大きな問題が、カツ問題である。 「カツ問題」とは何か。 それは、「CoCo壱番屋」という、ファストフードの店から、消費期限切れで廃棄されたカツが、不法に転売されていた、というニュースなのである。 食の安全を第一に考える、世の中の女性たち、お母さんたちが、これを許すはずがない。 新聞でもテレビでも、今この話題がもちきりである。 ところで、「CoCo壱番屋」とは、なんの店だったか。 もしかしたら、政治家の皆さまやお偉い皆様は知らないのかもしれない。 カツ丼屋か和食チェーン店だと思っているのかもしれない。 しかし、ここが重要なのであるが、「CoCo壱番屋」は、なんと、カレー専門店なのである。 だから、当該の「カツ」は、「カツカレー」のカツなのである。 私は、この情報をある人物から仕入れたのだが、「もしかすると、カツカレーを好きな人がいて、その人に対する、いやがらせなのかもしれない」ということなのだ。 残ったご飯は、豚にいただいてもらうしかない。 ござったカレーはもういらない。 今、世界中の小市民の皆様が、「カツカレーなんかいらない」「こんなものは、ござっているから、豚にあげよう」と考えて、ヒソヒソクスクス、笑っているのである。 「カレーハウスCoCo壱番屋」公式ホームページ → http://www.ichibanya.co.jp/index.html ☆メニュー☆ ロースカツカレー  732円

メディア界の革新。

2016年も、無事に年が明けた。 今年は、どんな一年になるのだろうか。 私が思うには、今年はメディア界が面白い、ということである。 昨年2015年は、メディアの世界では、本当にいろいろなことがあった、と言われているそうである。 特に、スマートフォン向けに、さまざまなニュースアプリが誕生したそうだ。 そうしたところには、フリーで、またニュース社に属して、たくさんの若手の、メディア人がしのぎを削っている。 インターネットが普及した昨今では、ニュースはインターネットで見るもの、情報は無料で手に入るもの、という風潮が強くなってきた。 そうしたなかで、既存のニュースメディアがどんなふうに、イノベーションを遂げていくのか、あるいは、ここで生き残ることができるかできないか、ということは、とても興味深いテーマである。 私が最近、知って驚いたメディア界のニュースは、宗教団体・創価学会の主要メディアである、「聖教新聞」が、完全オンライン化をする、という話である。 これまでも、他の新聞と同じように、オンラインで新聞の一部を読むことができた。 そしてそれは、無料であったり、会員登録をすればサービスが受けられたりした。 しかし、今回の聖教新聞の改革は、いずれは紙の媒体はなくしてもいい、というものである。 一か月に、1700円である。 もともと、紙の新聞が1800円代だったものだから、これは、まるごと新聞そのものの値段である。 朝日新聞や読売新聞は、デジタル化といっても、基本的には、自宅で購買するものであり、そこにデジタルで1000円プラスする、という形をとっている。 これは、人から聞いた話であるが、新聞の販売、配達のネットワークを絶やさないためにしていることだそうである。 印刷、輸送、配達店、販売員、配達員、とたくさんの人が、新聞に関わっている。 全国規模で新聞のネットワークを作るのは、これまで時間と労力とお金を費やしてきた。 歴史もある。 それを、もし、アメリカのニューズウィークみたいに、紙媒体は廃止する、ということになれば、そこに携わってきたたくさんの人たちが、職を失うことになる。 文化そのものに対する、危惧、というものがある。 これまでにも、朝日新聞や読売新聞、毎日新聞や産経新聞が、紙の縛りをなくして、デジタルで購読できないものか、と要望