連載・11 お料理エッセー・そら豆のひとりごと。 七草かゆ。


連載・11 お料理エッセー・そら豆のひとりごと。

七草かゆ。

お正月も明けて、17日は、七草かゆの日である。

お正月に食べ過ぎたおなかを休ませて、

春の代表的な草である七草を入れた、質素なおかゆをいただく。

お正月にはいろいろな儀式があるが、

この時期にこれを食べておくと、その年一年が幸せに暮らせる、

というとてもなにか、今年一年の成功を思う儀式だったのだな、

と思う。

一月にいただく七草は「春の七草」と呼ばれるもので、

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・…と、国語の時間に丸暗記したような気がする。

これらの七草、つまりおかゆに入れるべき野菜は、

現代ではそうめったに手に入らない。

万葉集の時代には、この季節にちょっと河原に出れば、そのへんに生えていた草なのかもしれないが、

現代ではまず不可能だと思う。

そして、ずっと「七草かゆ」はあきらめてきたが、

このところ日本では、「原点回帰」ともいうべき現象が起きているようで、

この季節、スーパーマーケットへ行くと、「七草かゆセット」が販売されていて、

ちゃんと七種類の野菜が、セットされている。

値段はそれほどお安くはないし、正直いって、それほどおいしいものでもない。

でも、「季節を感じたい」という人は、いるものなのだと思う。



おかゆの炊き方はとても簡単なものなので、覚えておくと、熱を出したときなどに、

消化が良いので、役にたつと思う。



いったんごはんをたいて、そのごはんを改めてお湯で煮るものは、

「おじや」と呼ぶ。



おかゆは、米から炊くものだ。

一般的に「ごはん」は、コメの量と同じ分量の水を入れて、

炊飯器にかけるのだが、

この水の量を極端に(5倍から8倍くらい)多くすると、

コメが柔らかくなって炊き上がる。

これが「おかゆ」というものだ。



七草は、別のお鍋で、食べやすく刻んだものを、お湯で煮て、薄く塩味をつける。

おかゆが煮えたら、七草の煮えたものを上に載せて、

しゃもじで混ぜる。

こんなかんじで、七草かゆができる。



おかゆは簡単に炊けるので、具はいろいろなものを選んでみるといいと思う。

ほうれんそうや、わかめを煮たものも、おいしい。

梅干しをひとつ載せるのも、とてもいい。

あとは、ペースト状の味付け海苔もいい。

「江戸むらさき」やら「ごはんですよ」。



春の七草のひとつ、ナズナというのはぺんぺん草で、

1月のこの時期、深く根をおろして、地道に生えている。

これを抜くと、本当によい香りがする。

春先の庭仕事は、このぺんぺん草を抜くのが大仕事なのだが、

この香りをかぐと、春なんだな、と思うひとときである。