連載・10 お料理エッセー・そら豆のひとりごと。 お正月のおせち料理。


連載・10 お料理エッセー・そら豆のひとりごと。

お正月のおせち料理。

「おでんの具はどんなものが好きですか?」

なんていうアンケートがある。

アイドルタレントも「がんもが好き!」などと答えると、

なんだか急に親近感が湧いてくる。



では「おせち料理はどんなものが好きですか?」となると、どうだろう?

気分的には、重箱に詰まったあのきれいな姿を見ないと、お正月の気持ちがしてこないのだが、

「好きかどうか」「おいしいかどうか」というと、率直に言って「どうかな?」。



私の友達でも、「あれはどれをとっても甘すぎて」と言う人もいるし、

家族でも、栗きんとんに黒豆に、昆布巻きも甘すぎて、どれをとっても、

「これが好き」とは、心底思えないようだ。



もともと、おせち料理は、年末年始には漁がなく、市場も開かれなくなるので、

新鮮な食材が手に入らなくなる、そして、調理の作り手たちもお正月には休みたい、ということで、

暮れのうちに3日分の食べ物を作っておいたようだ。



そうすると、日持ちが良いのは、砂糖をたくさん使って甘く煮たものである。

また、昔の時代は砂糖は貴重品であったので、

お正月以外には、甘いものが食べられなかったらしい。

それで、お正月のぜいたくとして、ああいった甘い料理が重箱に詰められるわけなのだそうだ。



私は、甘いもの大好きなので、栗きんとんと伊達巻で、幸せになれる。

伊達巻は、できれば紀文のはちみつ入りのがいい。

お正月の三が日は、栗きんとんと伊達巻と、あべかわもちで、本当に幸せだ。



それから、欠かせないのが、先祖代々伝わる料理である。

いっぱんのお料理の本では見かけたことがないので、

もしかすると、うちの一家だけの料理かもしれない。



料理名をあえて書くとすると、「鮭の酒粕煮」となるのだろうか。

塩鮭の切り身を、酒粕を溶かしたお湯に入れて、しばらく煮る。

盛り付けるときに、鮭の上にトロリと酒粕をかける。

…これだけのものなのだが…。



子どものころ、お正月におばあちゃんの家に行くと、

必ずこれを出してくれた。なつかしい祖母の味、なつかしいお正月の味である。



大人になってからこれを作ってみると、

なべに酒粕をお湯で溶いたものを準備しておけば、

あとは塩鮭の切り身を入れて10分ほど煮てあたためるだけで、

すぐにおいしい料理が出せる。

人数がどんなに増えても、突然の来客でも出せる。



なつかしいおばあちゃんの味、このお正月は私が作って、お客さんに出そう。