連載・5 手巻き寿司パーティー


連載・5 手巻き寿司パーティー

クリスマス、誕生日、お正月。

楽しいお祝い事の日は、北海道では、ジンギスカンか手巻き寿司だった。

クリスマスも子どものときから、大人になってからも、何回も経験したけれど、

やっぱり、丸い大きなケーキ、アルコール抜きのシャンパン、

鶏の唐揚げとフライドポテト、お菓子食べ放題、

それから、手巻き寿司だと思う。



本州に来てから、手巻き寿司パーティをしていない。

よく考えてみたら、手巻き寿司のネタを、スーパーマーケットで販売していないように思う。

友達も、「生のネタで手巻き?」と驚いていた。



手巻き寿司は、まず大きなテーブルを囲む。

テーブルの上には、シャリ(酢飯)を入れた大きな桶。小さなしゃもじがついている。

それから、大きな皿の上に、生寿司のネタが並ぶ。

トロ、サーモン、甘えび、いか、いくら(小さなスプーン付)、ほたて、

といったところである。



本州に来てから、回転ずしで「コーン」とか「ツナ」があるのを見たが、

これは寿司ではないと思う。

生の、お寿司屋さんで食べる、海鮮ものでなければ寿司とは言えない。

それを、北海道ではスーパーマーケットでパック入りでど~んと販売されていたのだから、どれほど海の幸に恵まれていたか、今になってようやくわかる。



そのパック入りの「手巻き寿司のネタ」を買って来て、大皿の上にきれいに盛り付けたわけである。

そして、寿司はねの海苔、これを4等分して、何枚も重ねて、皿に乗せる。

それから、緑色のもの、レタスやカイワレ大根などを、これも別の皿に盛る。



これで準備万端整った。

あとは、乾杯をして、食べ始める。

海苔を手に取り、しゃもじでシャリを好きなだけ海苔に乗せて、

それからカイワレ、それから、好きなネタを好きなだけ乗せて、

上手にくるむ。

そして、食べる。



トロといくらを一緒に乗せてもいいし、

シャリを思い切り薄くしてサーモンを3枚乗せてもいい。

そうそう、ちょっとだけお醤油をたらしてもいいし、

おとなならちょっとワサビをつけてもいい。



そしておなか一杯、いただく。

わいわい言いながら。



思えば、いくらとトロを一緒に食べることができたのも、

安心して海鮮ものをたくさん食べることができたのも、

自由な気風と海に囲まれた北海道だったからかもしれない。



ちょっと予算をかければ、手間いらずで、みんなで楽しめる。

特別な日に、家でゆったりと、手巻き寿司のパーティをしよう。