投稿

12月, 2013の投稿を表示しています

浅田真央さん。ソチに向けて。

フィギュアスケートのシーズンが始まっている。 今年のフィギュアは、来年2月のソチ冬季オリンピックの選考を兼ねているから、とても厳しいものだ。 だからこそ、白熱した試合を見ることができる。
私が以前から個人的に好感をもって応援してきた、浅田真央選手も、かねてからの目標であったトリプルアクセルも成功させて、よい結果を出してきている。 本当にここでは、がんばってほしい、と思って、どきどきしながら応援している。
浅田さんの、ショートのプログラムは、ショパンのノクターンである。 これは、世界的にとても人気の高い曲であり、私もとても好きな曲である。 今回の浅田さんのプログラムにあたっては、マリア・ジョアン・ピリスさんが演奏しているそうである。 ピリスさんの演奏の独特な表現は、やはり硬質で力強い点にあるのではないか、と思う。 ショパンはピアノの詩人と呼ばれ、なかでもノクターンは「夜想曲」であるので、たいていのピアニストは、やわらかい、温かい春の夜のようなイメージで演奏するのであるが、パリスさんは、その独特な感性と解釈で、誇り高い音で、このノクターンを表現している。 これが、もともと力強いスポーツである、フィギュアスケートと、マッチして、浅田さんのエネルギッシュな滑りに独特の印象を与えている。 ノクターンの解釈には、初恋や、あるいは、夜の窓辺で恋人を思うようなイメージがあり、浅田さんとしても、恋心を表現しているところである。 国際競技では、ここに女性的な表現を求めるところであるが、浅田さんが日本人選手として、国際競技での基準を追い求めて、欧米的に濃厚な恋情を表現するのか、それとも、アジアのほっそりとした女性の、清廉な初恋を表現するのか、ここからが勝負どころである。 私は、浅田さんの個性から、清純なさわやかな、それでいて毅然とした恋心を見たいところである。
次に、フリーの曲であるが、これは、ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番である。 ここは、これまでの演技で、浅田さんなりの解釈・表現と、見ている人たちにとっての伝わってくるものとの間で、多少のギャップを感じるところである。
見ての通り、浅田さんは、全体に「かわいらしい」というイメージがある。 これは、個人の個性であるから、とても大切にしたいところである。 年齢がどうあろうと、少女のようなかわいらしさは、もって生まれた個性であるから、それを生かしてほしいところだ。 しかし、…