連載・13  お料理エッセー・そら豆のひとりごと。 うずら豆の甘煮。


連載・13  お料理エッセー・そら豆のひとりごと。

うずら豆の甘煮。

俗に「煮豆」と呼ばれている、大きめの紅い豆の煮ものである。

私はこの煮豆が大好きで、

母も私たちが子どものころは、よく作り置きをしてくれた。

ちょっとおなかが空いたときに、冷蔵庫のいつものお茶碗に入った「煮豆」を、

ふたつみっつつまんだものである。



今では、家庭で煮豆が作られることがあまりないそうである。

私自身も、あまり作らない。

なぜかというと、まず第一に、手がかかるからである。

うずら豆は、保存にはいいが、乾物と呼ばれる部類に入る。

切り干し大根や、ひじき、高野豆腐、もこの部類に入る。

これは調理の前に、「水にひたしてもどす」という作業がある。



「明日、うずら豆を煮よう」と思ったら、前の晩に、豆を水にひたして、

一晩置く。それから次の日に調理することになる。



昔の人は、とてもゆっくりしたペースで生きていて、

こういう調理方法が苦にならなかったのかもしれない。

現代人は忙しすぎて、「食べよう」と思った瞬間から、

待てたとしても3分だけなのかもしれない。

「作ろう」と思ってから15分で調理ができないと、

どうにも「やる気」が失せてしまうのだろうか。



以前にも、煮豆を作ろうと思って、夜のうちに水に豆をひたしておいたが、

翌朝、突然の来客があり、何時間も豆を煮ているような時間を取れなくなってしまった。

これではもったいない。

あしたの予定も「忙しい」の言葉で埋め尽くされているようなスケジュールノートに、

「煮豆」を書くのもしのびない。



いつか、時間の余裕ができたら、じっくりと、ことことと、豆を煮たいものだ。