投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第26週(最終週)「花山、常子に礼を言う」感想。

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第26週(最終週)「花山、常子に礼を言う」感想。

大好きな「とと姉ちゃん」。
きょう、その半年間の放送が終わった。
とても楽しかった。
振り返れば、いろいろなことがあった、半年間だった。
もちろん、ドラマのなかでいろいろなことがあったのだけれど、視聴者である私たちのほうにも、本当にいろいろなことがあったものだ、と思う。

4月には、熊本で地震があった。
その地震が鳴りやまないまま5月を迎え、6月にはEUの問題、7月にはテロの問題、8月には、次々やってくる台風、と、まさに嵐のような半年間だった。
個人的にも、たくさんのことがあった。


そうしたなか、毎朝毎朝、テレビドラマは続いていく。
私は、ずっと以前から、NHKの朝ドラが好きなのだけれど、その「好き」の理由は、自分自身の生活と、ドラマのなかのヒロインの人生が、並行して進んでいくところだ、と思う。

私が前へ進めない日に、ヒロインは一歩進んでいく。
逆に、ヒロインが悩む日に、私は「がんばれ」と言ってあげられる。
毎日、毎朝のドラマ放送が、どれだけ人々の力になっているか、ということを考える。

そして、半年間をようやく「クリア」した。

「とと姉ちゃん」の大きなテーマを、ふたつ、考えてみたいと思う。

最終週なので、「まとめ」ということを、少し考えてみたわけだ。

テーマのひとつは、「あなたの暮し」という意味だと私は思う。
編集長の花山さんは、戦争を体験したあとに、「あなたの暮し」を創刊することになる。
花山さんの言っていることが、少し哲学的なので、わかりずらくて、何度も考えなおした。
家族や友達とも、一緒に考えてみた。

それは、「あの戦争は、日々の暮らしを大切にしなかったから、そうなったのだ」という言葉の意味である。
日々のささやかな暮らし、庶民の暮らしを大切にしていれば、戦争にはならなかった、というのが、花山さんの哲学だ。
どういう意味だろう?

私なりに、こう思う。

私は、日本が戦争になるかもしれないときに、それは年の暮れだったけれど、障子の張替えをしていた。
日本的な文化であり、もう都会ではあまり見かけない風景かもしれないが、新しい年を迎えるために、障子の張替えをするのである。

障子の張替えは、とても繊細な仕事である。
とても細くて、ちょっと力を入れたら折れてしまいそうな桟、つまり「枠」が…