連載・2 師走の季節にあったかいおうどん。


連載・2 師走の季節にあったかいおうどん。



12月。師走も中ごろとなった。

クリスマス、年賀状書き、もちろん書き入れ時、なにかと忙しい12月である。

おせちの準備も着々と進んではいるが、なんと言っても、

忙しい仕事の合間に、手軽に作れてすぐに食べられる「おうどん」はうれしい。



乾麺から茹でるときにも、なにしろ「乾麺」というのが保存が効くもので、

お湯を沸かして茹でるだけだから、時間が短縮できる。

つまり、もしもこれが、米からごはんへと変化させるのならば、

よく研いで、水に浸して、それから炊くという、一晩がかりの作業になる。

「食事をとりたい」と思いついてから、食卓に乗せるまで、短時間で済むのは、

このうどん、乾麺だ。



味付けも簡単で、お湯にダシ、醤油で大丈夫。

薬味は好みでいい。



このところ巷で人気なのは、乾麺よりももっと時間が短縮できて、

かつ歯ごたえがあっておいしいと評判の、冷凍うどんである。

これは買ってくるときや保存の際に、乾麺よりかさばるし重たいけれども、

茹で時間は1分少々。(乾麺は長ければ15分かかる)

そして、コンビニエンスストアでも、3食入り、5食入りが手に入り、

しかも安価である。



たれ(つけ汁)は、一番おすすめなのは、「めんつゆ」という、

濃縮つゆを一瓶買っておいて、冷蔵庫で保存しておくことである。

醤油にダシ、砂糖とみりんも調合してある総合調味料というところだろうか。

これは、お湯を沸かしてお湯を入れて、薄めればいい。

電気ポットで常に沸騰(に近い)温度でお湯を沸かしてある状況ならば、

お椀に「めんつゆ」を注いで、お湯を注ぐだけである。



つけ汁をお椀に満たしたら、そこに茹でたてのうどんを入れる。



薬味は、庭やベランダで、三つ葉やパセリを栽培しておくといい。

薬味はほんのちょっとでいいし、新鮮であることが第一なので、

買ってきて冷蔵庫に入れておくよりも、育てて使うときに摘むほうが、

おいしいものを楽しめる。

そうしてキッチンで薬味を栽培するのが「キッチンガーデン」で、

キッチンの窓のあたりで栽培しておくと便利である。



もっとも、誰もがそうしているわけにいかないので、

手軽で保存が効いてまちがいのない薬味というと、「七味唐辛子」や、

「一味唐辛子」である。

これを一瓶、置いておく。

ささっと振れば、できあがりである。



できれば、大きなスプーンやレンゲを使って、

つけ汁の一滴まで楽しみたい。

ふうふう言いながら、つるつるのあったかおうどん。

忙しい仕事の、夜食にもどうぞ。