スキップしてメイン コンテンツに移動

ほかの記事も、読んでみてね!

右上の三本線を、クリックしてみてください。
ラベル(カテゴリー)がでてきます。
これまでのブログ記事を、見ることができます。
よろしくお願いします。

NHK「花子とアン」最終週(第26週)「曲り角の先に」感想。

4月から楽しみに毎朝観てきた、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」。
きょう9月27日の放送をもって、「完」となった。
本当に、毎日毎朝、こんなにも半年間、毎回欠かさず見てきて、よかった、と心から思う。
一冊の本を読み終えたときのような充実感もあり、また自分自身がこの四月から半年間生きてきた毎日のことも、重ねて思い出すことができる。
なにかこう、自分自身に対して「この半年間、よくがんばってきたね」と言いたくなってしまうものだが、本当は、放送してくれて、番組を作って、電波に乗せてくれた「花子とアン」の製作者の皆さまに向って、お礼を言う場面なのだろうと思う。
私のブログで、「花子とアン」の感想を、毎週書いて発表するようになってからも、ちょうど半年間たっている。
ヒロイン花子と一緒に、特に女性の一生について、特に、教育を受けた女性の一生について、一緒に考えてきた気持ちだった。

最終週では、ヒロイン花子は、60歳代を迎えている。
そして、念願の、「赤毛のアン」を出版することになる。
出版までのいきさつは、とても長くて、困難な道であったけれども、花子はくじけずめげずに、この大切は翻訳の原稿をとっておいて、チャンスとあれば、出版社に見せて、そして、とうとう出版することができた。
ここで、花子の60代を考えてみたいと思う。
テレビ小説は青春時代が主になるものであって、花子の50代、60代は、それほど長く丹念に描かれたものではなかった。
けれども、得るものはたくさんあったと思う。
こうした、50代、60代、70代の年ごろの特徴は、これから私たちが高齢化社会で、高齢者を理解するためにも、自分自身が高齢になっていくときにも大切なことであるので、いくつか思うところを書いてみたい。

ひとつは、「これからは若い人の意見を大切にしなくちゃ」というところである。
年齢が高くなり、親や教師、友達も、年齢と共に老いていったり、亡くなったりもする。
花子もすでに、父親と、「赤毛のアン」の原書をプレゼントしてくれたスコット先生を亡くしている。
そうして、先輩や教師、上に立って教えて導いてくれる人たちを亡くしたあとは、自分が時代の最年長者になっていくものだ。
また、自分の子どもや、仕事を通して教えてきた子どもたち、花子にとっては、ラジオを聴いていたという少年や、読者であった子どもたちだが、そうした人たちが、花子を取り巻く社会には、増えていく、ということである。
年長者が減って、年下の人たちが増える。
そして、花子と夫・英治と、娘・美里は、子どもたちのための図書館を開く。
これは、花子が老いを迎えたときの、大きな仕事としてとても大事なことだと思う。
人生で仕事をなしとげた女性が、今度は若い人のために、とても大切な、人生上の決断であるように思う。

次に、年老いても、変わらないものは変わらない、ということである。
最終回でも描かれたが、花子は、新しい本に出会うと夢中になってよみふけってしまう。
これは、子ども時代から変わらない。
そして、女学校時代と同じように、初めての英単語にでくわすと、英語の辞書を探して夢中になって走り回るのである。
この、辞書を探して走り回るシーンは、花子の性格を表すシーンとして、とても印象的である。
この楽しい性格は、大人になってからも、50歳を過ぎてからも、60歳を過ぎて、有名作家になってからも、変わらない。
我が子が大きくなって、自分自身に白髪が増えてきても、変わらないどころか、ますます強調される性格になるようだ。
私たちも、身近な高齢者と接するときに、まるで子どもみたいな性質を目の前にして、驚くことがある。
子ども時代からの性質や性格は、どんなに曲がり角を曲がっても、どんなに人生上の困難を乗り越えても、結婚しても子どもを持っても、変わらないものだ、とつくずく思う。
高齢になればなるほど、もっともっと、子どもらしい性格が真ん中にストンと立ち上がってくるように思う。
また、こうして高齢になるまで残る性質が、彼女の人生を決定した、といっても過言ではないような気がする。
それくらい、子どもの時からずっと、本が好きだった。

次に、花子の「これから」である。
60代になって、ようやく代表作である「赤毛のアン」を出版することができた。
最終回で終わってしまったドラマをどうこういうのは申し訳ないが、このあと村岡花子は、「赤毛のアン」のシリーズを、9冊も翻訳して世に出すことになる。
75歳まで長生きするのである。
こうなると、まったく、時間との勝負、いや、寿命との勝負である。
私たちも身近な高齢者が、健康法や食事法にとても興味を持って真剣に語ったり情報交換したり、入れ込んだりするのを見ている。
あとは、寿命しだい、というところだ。

花子は、50代、60代、でひとつのステイタスを築くことができた。
あとは、よい本をどんどん翻訳していくのみ、である。
生きている限り、翻訳を続けたのだろうと思う。
これこそが、ライフワーク、と呼べるものだろう。

翻訳者・村岡花子が生まれるまで、実に、50年、60年かかったというわけであるが、そこまでの苦闘と、そこから生まれる喜びを思うと、とても素敵な人生である。

教育を受けた女性が、そうでない女性と比べて、どんなふうにちがった道を歩むことになるのか、もう一度、いま一度、よく考えてみたい。
ひとりの女性の人生を、半年かけて、ゆっくりと、毎日15分ずつ、追いかけてきた。
一緒に泣いたり笑ったり、考えたり迷ったりもしてきた。
そうした半年間を、大切に、何度も何度もかみしめていきたいと思う。
かけがえのない、花子の一生だった。
そして、かけがえのない、2014年の春夏秋であった。
ありがとう。
ごきげんよう。さようなら!

このブログの人気の投稿

雅子さまと紀子さま。

昭和天皇のご記録が出来上がり、国民にも公表された。
「謎の遊び・クロックノール」というのも、何かとてもユーモラスで楽しい。
昭和天皇というかたは、とても身近な雰囲気をお持ちのかたであったように思う。
そして今は、平成26年である。
私はこういうことは、案外ケロッとして口にしてしまうほうなのだが、平成の次はどんな元号になるのだろう?
「平成」の元号が発表されたときに、どこでどんなふうに、そのニュースを聞いたか、覚えていますか?
時代が大きく変わっていく不思議な気持ちがしたものでした。
それは、歴史の中に生きている、という実感のようなものだったと思う。

ところで、平成天皇のお次の天皇陛下は、いったい誰なのかしら?とこれも、私はケロッとして口にしてしまうのだが、実は国民の誰もが、いや女性たちなら誰もが、陰に隠れなくても、表だって、井戸端会議というやつで、話し合っているもっかの話題である。
日本国の女性なら誰しも、天皇陛下は人間なのである、と学校で習った覚えはあって、きっと人間なんだろう、と思うけれども、すごくえらいのかどうかまでは、なんだかよくわからない。
すごく威張っている人はすごくえらいのだと思うけれど、あまり威張らないで、お仕事も民間の人とにこやかに握手をする内容なので、やさしい人なのだと思う。
それでも、この世の中には、「お姫様」とか「王様」「王子様」というかたがたが存在するのだ、と思うと、なんだかその存在と、その人々を尊敬することが、心のなかでとてもうれしい、誇らしい気持ちになる。
王族、という存在は、ワールドワイドな世界状況になって、ますますいろいろな価値を持ってくるものだと思う。
フランス人だって、フランス革命以来、王様を探している、という話ではないか。

私たち女性国民とすると、皇太子殿下というか、次の天皇陛下が誰になるか、という問題は、日本国民を代表する女性トップは誰なのか、という問題になる。
これは女性一般論であると思うし、私も女性の友達とあれこれお茶飲み話をした結論であるが、やはり、美智子妃殿下、皇后陛下は、とても立派でおやさしくて、すばらしいかたであると思う。
そうして、女性週刊誌でも書かれている通り、話題として、「雅子さんと紀子さんと、あなたはどちら派?どちらが好き?」という話になる。
これは、本当にお茶飲みの話題だから、誰もがしていることとして…

NHK「花子とアン」主題歌「にじいろ」感想。

表現と日本語の間。
夏休みも終盤となった。
学生の皆さまには、夏休みの宿題がまっさかり、というところである。
受験生や浪人生の皆さまには、「夏が受験の天王山」ということで、充実した学力づくりに取り組めたのではないか、と思う。
私は、自分自身が、こうして文章を書くことでさまざまな活動をしているので、教育問題は、とても大切なことだと常々思っている。
いろいろと考えたが、やはり私は、自分が文章を書くから、という理由だけではなしに、やはり日本語、語学力、ネイティブな母国語の語学力が一番大切だ、ということが、学力と教育に一番に訴えたいことである。
私は、何よりも「正確な日本語」の習得が、一番大切なことである、と考えている。
正確な日本語は、5W1Hのかなった日本語であるが、これは、事実を正確に伝えるメディアやニュース番組などの、文章が一番であるように思う。

ここで、正確な日本語と、文学的表現について、具体例を示してよく考えてみたい。
NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」は、クランクアップを迎えたようであるが、放送はまだまだ続いている。
みなが毎朝、目にして耳にする、テーマソングの歌詞を例にとってみると、正確な日本語と、文学的表現のちがいがわかりやすいので、書き分けてみたいと思う。

♪ これから始まるあなたの物語
これは、「これから始まる○○の物語」となることが、正確な日本語である。
たとえば、「これから始まるウサギの物語」
「これから始まるミッキーマウスの物語」
などというように、○○には、名詞が入るべきである。
「だれの」あるいは「どんな」物語なのか、という修飾語になるはずだ。
しかし「あなたの」は、二人称である。
名詞にすれば、正確な日本語表現であるが、ここで二人称にしたのは、「ひとひねりした」日本語の修飾となる。
このあたりで、文学的表現となるが、これは、「伝える」日本語としては、とてもわかりずらい。

♪ ずっと長く道は続くよ
一行目に、「これからあなたの物語が始まりますよ」と呼びかけているにも関わらず、今度は、「道」が主語になっている。
これは、考えようによっては、一行目に「あなた」に呼びかけたので、「これから始まる道は長いですよ」と道について説明したようになっている。
しかし、一行目では道は出てこないので、「物語イコール道」と考えたほうがよいだろう。

♪ 虹色…

フィギュアスケート関連。

中国杯 男子ショートプログラム ライブストリーミング →
https://www.youtube.com/watch?v=rp3VLU5JMIw


ボーヤン・ジン フィンランディア杯 SP →
https://www.youtube.com/watch?v=FrGxD28Nal0

ボーヤン・ジン フィンランディア杯 FS →
https://www.youtube.com/watch?v=Kh7VnFxoxS8


歌いまくるゆづ →
https://twitter.com/aoitori1207/status/925395208581234688

きき湯 スペシャルモデル 森林浴調の香り 入浴剤 →https://www.amazon.co.jp/dp/B076PM6T8M/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_9UW-zbKKD8P9D

きき湯 オムニセブン限定セット ポストカード付き →
http://iyec.omni7.jp/detail/4904740516974

ファイテンキャンペーン →
http://www.phiten.com/hanyu-project/


G-SHOCKが当たるキャンペーン →
https://xylitol20th.jp/#campaign

ロッテキシリトールガム アソートボトル


東京西川 フォトフレームクロック プレゼント キャンペーン →
http://nishikawadown.jp/

銀座三越7階 →
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/floor/7f/index.html



中国杯 女子ショートプログラム 18:10 ~ 19:36
https://www.youtube.com/watch?v=aVRBzcLGo3o
本田真凛選手 18:50ごろ
三原舞依選手 19:17ごろ
樋口新葉選手 19:23ごろ


中国杯 男子ショートプログラム 20:05 ~ 21:38
ボーヤン・ジン選手 21:18ごろ
田中刑事選手    20:59ごろ
ワンツーフィニッシュ
https://www.youtube.com/watch?v=rp3VLU5JMIw



タッチ 長澤まさみ アマゾンビデオ

タッチ 長澤まさみ DVD


ブラックスワン → https://twitter.com/nickverreos1/statu…