スキップしてメイン コンテンツに移動

札幌三越でぼや。

昨日9月21日午後5時ごろ、札幌市の百貨店・三越で、ぼやがあったそうだ。
1000人近くの人が避難したそうである。
札幌三越は、札幌市営地下鉄の大通駅と地下道・地下街でつながっている。
地下鉄大通駅を利用した人は、地下道を通って、デパートの地下2階からデパートに入る。
このあたりは、ポールタウン、オーロラタウンという地下街も、南北につながっていて、たくさんのデパートやショッピングビルが、地下道でつながっている。
三越の地下2階から、エスカレーターを使って、店内を見て回り、買い物をしながら、三越の一階に出て、地上の「出口」から、4丁目のスクランブル交差点に出て、この近辺でショッピングや街歩きを楽しむことができる。

つまり、百貨店の地下が、地下鉄と地上を結ぶ通路になっていて、誰でも通ることができる。
このようなシステムは、真冬に戸外がマイナス気温になって、雪道が凍っているときなどは、とても便利なショッピングモールである。