テニスのプリンス・錦織圭選手おめでとうございます!

昨日、テニスの全米オープン男子で、錦織圭選手が、見事に準優勝に輝いた。
本当におめでとうございます!
実をいうと、私はテニスにはそんなに詳しくなくて、でもどの学校にもテニス部というのがあって、どちらかというと、ハイクラスなスポーツという印象があったように思う。
コミックでも、「テニスの王子様」という題のものがあって人気である。
ずっと以前では、「エースをねらえ!」というコミックがあって、これも「お蝶夫人」というハイクラスな優雅な選手が出てきて、なんだかそういうイメージがあった。
でももしかしたら、日本においてはまだまだ、すそ野はあまり広くないスポーツなのかもしれない。

昨夜は、素敵な満月であった。
ここ数年、「月ブーム」とも呼ぶべき状況が静かに浸透しているように思う。
遠い天体を見上げることは、地球環境エコブームともつながるのだろうか。
新月や満月などのマークが、カレンダーに記されるようになったのも、ここ数年であるように思う。
月の影響が、人の心や身体にどれほど影響を及ぼすのかまだよくわからないところであるが、影響がある、ともいわれている。
その影響は、ひとことで言えば「癒し」ということだろうか。
「癒し」は、一過性のブームではなく、すでに人の気持ちに定着しているものである。
月の癒しと、太陽の活躍。
錦織選手の闊達なスポーツと活躍とテニスという種目は、太陽のようである。
とかく物静かである、と言われがちな若者層にあって、錦織選手の活躍は太陽の輝きそのものである。
太陽をめざし、夜には、月に癒される。
静かで穏やかでそれでいて元気いっぱいに、人間は自然のリズムと、やはりいつも一緒なのかもしれない。

このブログの人気の投稿

雅子さまと紀子さま。

NHK「花子とアン」主題歌「にじいろ」感想。

NHK「マッサン」主題歌「麦の唄」感想。