スキップしてメイン コンテンツに移動

ほかの記事も、読んでみてね!

右上の三本線を、クリックしてみてください。
ラベル(カテゴリー)がでてきます。
これまでのブログ記事を、見ることができます。
よろしくお願いします。

NHK「花子とアン」第21週「ラジオのおばさん誕生」感想。

絶賛放送中の「花子とアン」。
夏休みの子どもたちも巻き込んで、昭和の時代や、女性たちの生き方、ときには女性たちのファッション、あるいはときには、ヒロインとその友達の「夫」「彼氏」「恋愛」をめぐって、華やかに話題が起こっている。
私はこうした、誰もが見ているようなテレビドラマを題材にして、会社や学校で話題にしたり、あるいはツイッターやブログで、ミニ討論をしてみるのは、とてもよいことだと思っている。
今週「ラジオのおばさん誕生」では、特に、働く女性である花子を支える、夫の働きが際立った週であったと思う。
もともと作家であり翻訳家である花子に、ラジオの仕事が舞い込んできたのは、「腹心の友」である、蓮子のつながりである。
蓮子が以前の結婚で九州にいたときに、確か「福岡日報」とかいうような新聞社で、記者をしていた黒沢という男性が、東京に来て、ラジオの仕事をしていたのである。
そして、ラジオで、子ども向けに、「女性の声で放送をしたい」という要望が発生したときに、花子に白羽の矢が立てられたのである。
翻訳家である花子になぜ、ラジオの仕事が来たのだろうか。
今では、作家がラジオ番組を担当することはめずらしくはないが、花子の仕事はどちらかといえば、女性アナウンサーのような記事の読み上げである。
当時も今も、教育を受けた女性、賢い女性、西洋風の思想を身に着けた女性、そして、臆することなく積極的に前に出てくる女性は、とても重宝されたように思う。
その重宝ぶりは、ただ、「賢い女性が少ないから」という理由であるようだ。
それにしても、ラジオの仕事とは、たいしたものである。
当時としてはとても珍しく、先駆けであり、誰もがうらやむ仕事だったのではないだろうか。
仕事の話を持ってきたのは、何よりも腹心の友、友はコネクションも呼んでくれる。

この仕事を、「引き受けてみたら」と優しく微笑んでくれたのが、夫の英治である。
また、ラジオ局に挨拶に行くときに、保護者のように連れて行って、男性同士の社会の引き継ぎをしてくれたのが、夫の英治である。
また、放送の仕事で緊張するから、と、子どもの写真を持たせてくれたのも、夫の英治である。
女性が社会で仕事をするときに、保護となり盾となり、仕事の仕方を教え、社会の仕組みを教え、ときには、緊張のほぐしかたや休み方まで教えてくれる、それが、夫の役割であった。
女性が、社会のなかで、能力を出し切って仕事をするためには、何よりも周囲の人々、そして、男性の支えが必要となる。
その「男性の支え」とは、職場の男性であり、家族である。
父であり、夫であり、兄でもあるだろう。
花子は、父にも夫にも兄にも恵まれ、触発を受けている。
また、今週は、職場で、厳しい扱いを受けるのだが、これは試練というよりも、やはり仕事は厳しい、甘い考えではやっていけない、という教訓であるように思う。
まるで嫌味を言っているような、先輩のアナウンサーであっても「アナウンスというのはこうあるべき」と厳しく諭してくれているようである。
こうした中で、花子は、仕事というものを体得していくようである。

ここで、妹の「もも」が、花子の仕事に挑む様子を見ているシーンがあるのだが、「もも」は、何を感じただろうか。
私は、教育を受けた女性と、受けなかった女性との格差を感じる。
また、結婚に恵まれた女性と、恵まれなかった女性の格差を感じる。
またもうひとつ言えば、「好きな男性と結婚できた女性」と、そうではなかった女性との格差を感じるものである。
どちらにしても、花子の職場での苦労は、妹のももには、かけ離れた世界であることが物悲しい。
この家の姉妹間格差をどうこう言うのは、簡単なことである。
しかし、父親の吉平にしてみれば、子どものうちの誰かひとりに力を入れて教育をし、兄妹たちはそれを経済面で支えた、そのまわりまわった経済効果が、20年後、30年後に出ていて、妹たちも両親たちもよい暮らしへと向上しているのではないかと思われる。

それにしても、北海道の開拓から逃げてくるなんて、北海道民としては、「どうなのかな」と思えるところもあった。
みんな苦労して、原野を切り拓いて、今の雄大な北海道があるのだ。
自由と民主と、西欧風な気風を楽しめればよかったのに、とちょっと残念に思う。

今週の、「ラジオのおばさん誕生」では、ストーリーの流れが掴みずらいところがあり、来週から来月のラストに向けて、つながりの週だったのではないか、と思われる。
来週からはいよいよ、蓮子と花子と、女流作家たちの、女性解放運動が始まるのではないか、と思われる。
これは見逃せないところである。

ところで、村岡英治と花子の演技であるが、結婚して何週間、いや何年か経ったからか、とても夫婦らしくなってきた。
花子の両親役が、本当にほのぼのとした、これ以上ないほどの夫婦を醸し出しているのを考えると、まだまだ初々しいかんじもする。
これから、女性解放運動に、花子が参加していくにあたって、大きなテーマとなるのが、その夫たちである。
花子が仕事を持つ女性であること、妻が仕事をしていることを、夫はそんなに手放しで応援できるものだろうか。
もちろん、理想としても、夫が自分自身で持つ主義としても、「女性は仕事をするべきだ」「女性の仕事を応援するべきだ」という強い意志はあるだろう。
しかし、女性の社会参加は常に、男性のプライドとの戦いである。

職場の先輩や、学校の先生、仕事の仲間なら、男性が女性を心から応援し励ますことはあるだろう。
しかし、夫となると話はまたちがってくるのではないだろうか。
実際に、仕事を持つ女性が、夫婦不仲のために離婚にいたったり、仕事を続けていくために女性が、「結婚か仕事か」の選択にせまられ、仕事を選ぶことは、多いのである。
また、現代の社会でも、女性の社会参画のために、男性の応援や、なかでも、「意識変革」が必要だと言われているが、その意識変革を、どのようにやり遂げて行けばよいのだろうか。
今、村岡英治に降りかかっている課題は、まさにそのあたりである。

一方、蓮子の現在の夫である、宮本龍一は、蓮子との結婚前から、主義主張として、女性の自立、女性の自由を訴えていたところがあり、ここは鉄板となっているようだ。
本当に、本当に、だがしかし、「夫」というものは、妻の自立を、手放しで、なんの障害もなく、乗り越えていけるものなのだろうか。

夫といっても、男である。
男として、一人前かそれ以上の仕事をしたい、もっともっと成功したい、という気持ちは強いのではないだろうか。
そして、そのときに、妻に仕事や人生の「支え」になってほしい、仕事の手助けをしてほしい、仕事のスタッフになってほしい、と思うものではないだろうか。
また、昭和初期のこの時代、ほかの夫婦が、妻が夫を立てて支えて、立身出世をさせてあげている状況のなかで、英治ひとりが、「私は妻を支えます」「妻の成功が夫である自分の成功です」と言えるものなのだろうか。
夜、妻が仕事で家を留守にしているときに、ひとり台所に立ち、自炊をする夫が、妻の仕事と仕事での成功を、妬むことはないだろうか。

もともと、夫婦は対等であり、平等である。
これは、江戸時代でも平安時代でも変わらない。
この夫婦の対等意識が、妻の仕事を支えるべきという、主義主張とぶつかるとき、英治の心のなかで、葛藤は起こらないものなのだろうか。
来週以降の、「花子とアン」では、夫婦の葛藤も見せてほしいところである。
また、それを乗り越える英治の姿も、見せてほしいところである。
また、女性解放運動に伴う、男性たちの抵抗と、意識変革も、大いに期待するところである。



このブログの人気の投稿

雅子さまと紀子さま。

昭和天皇のご記録が出来上がり、国民にも公表された。
「謎の遊び・クロックノール」というのも、何かとてもユーモラスで楽しい。
昭和天皇というかたは、とても身近な雰囲気をお持ちのかたであったように思う。
そして今は、平成26年である。
私はこういうことは、案外ケロッとして口にしてしまうほうなのだが、平成の次はどんな元号になるのだろう?
「平成」の元号が発表されたときに、どこでどんなふうに、そのニュースを聞いたか、覚えていますか?
時代が大きく変わっていく不思議な気持ちがしたものでした。
それは、歴史の中に生きている、という実感のようなものだったと思う。

ところで、平成天皇のお次の天皇陛下は、いったい誰なのかしら?とこれも、私はケロッとして口にしてしまうのだが、実は国民の誰もが、いや女性たちなら誰もが、陰に隠れなくても、表だって、井戸端会議というやつで、話し合っているもっかの話題である。
日本国の女性なら誰しも、天皇陛下は人間なのである、と学校で習った覚えはあって、きっと人間なんだろう、と思うけれども、すごくえらいのかどうかまでは、なんだかよくわからない。
すごく威張っている人はすごくえらいのだと思うけれど、あまり威張らないで、お仕事も民間の人とにこやかに握手をする内容なので、やさしい人なのだと思う。
それでも、この世の中には、「お姫様」とか「王様」「王子様」というかたがたが存在するのだ、と思うと、なんだかその存在と、その人々を尊敬することが、心のなかでとてもうれしい、誇らしい気持ちになる。
王族、という存在は、ワールドワイドな世界状況になって、ますますいろいろな価値を持ってくるものだと思う。
フランス人だって、フランス革命以来、王様を探している、という話ではないか。

私たち女性国民とすると、皇太子殿下というか、次の天皇陛下が誰になるか、という問題は、日本国民を代表する女性トップは誰なのか、という問題になる。
これは女性一般論であると思うし、私も女性の友達とあれこれお茶飲み話をした結論であるが、やはり、美智子妃殿下、皇后陛下は、とても立派でおやさしくて、すばらしいかたであると思う。
そうして、女性週刊誌でも書かれている通り、話題として、「雅子さんと紀子さんと、あなたはどちら派?どちらが好き?」という話になる。
これは、本当にお茶飲みの話題だから、誰もがしていることとして…

NHK「花子とアン」主題歌「にじいろ」感想。

表現と日本語の間。
夏休みも終盤となった。
学生の皆さまには、夏休みの宿題がまっさかり、というところである。
受験生や浪人生の皆さまには、「夏が受験の天王山」ということで、充実した学力づくりに取り組めたのではないか、と思う。
私は、自分自身が、こうして文章を書くことでさまざまな活動をしているので、教育問題は、とても大切なことだと常々思っている。
いろいろと考えたが、やはり私は、自分が文章を書くから、という理由だけではなしに、やはり日本語、語学力、ネイティブな母国語の語学力が一番大切だ、ということが、学力と教育に一番に訴えたいことである。
私は、何よりも「正確な日本語」の習得が、一番大切なことである、と考えている。
正確な日本語は、5W1Hのかなった日本語であるが、これは、事実を正確に伝えるメディアやニュース番組などの、文章が一番であるように思う。

ここで、正確な日本語と、文学的表現について、具体例を示してよく考えてみたい。
NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」は、クランクアップを迎えたようであるが、放送はまだまだ続いている。
みなが毎朝、目にして耳にする、テーマソングの歌詞を例にとってみると、正確な日本語と、文学的表現のちがいがわかりやすいので、書き分けてみたいと思う。

♪ これから始まるあなたの物語
これは、「これから始まる○○の物語」となることが、正確な日本語である。
たとえば、「これから始まるウサギの物語」
「これから始まるミッキーマウスの物語」
などというように、○○には、名詞が入るべきである。
「だれの」あるいは「どんな」物語なのか、という修飾語になるはずだ。
しかし「あなたの」は、二人称である。
名詞にすれば、正確な日本語表現であるが、ここで二人称にしたのは、「ひとひねりした」日本語の修飾となる。
このあたりで、文学的表現となるが、これは、「伝える」日本語としては、とてもわかりずらい。

♪ ずっと長く道は続くよ
一行目に、「これからあなたの物語が始まりますよ」と呼びかけているにも関わらず、今度は、「道」が主語になっている。
これは、考えようによっては、一行目に「あなた」に呼びかけたので、「これから始まる道は長いですよ」と道について説明したようになっている。
しかし、一行目では道は出てこないので、「物語イコール道」と考えたほうがよいだろう。

♪ 虹色…

フィギュアスケート関連。

中国杯 男子ショートプログラム ライブストリーミング →
https://www.youtube.com/watch?v=rp3VLU5JMIw


ボーヤン・ジン フィンランディア杯 SP →
https://www.youtube.com/watch?v=FrGxD28Nal0

ボーヤン・ジン フィンランディア杯 FS →
https://www.youtube.com/watch?v=Kh7VnFxoxS8


歌いまくるゆづ →
https://twitter.com/aoitori1207/status/925395208581234688

きき湯 スペシャルモデル 森林浴調の香り 入浴剤 →https://www.amazon.co.jp/dp/B076PM6T8M/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_9UW-zbKKD8P9D

きき湯 オムニセブン限定セット ポストカード付き →
http://iyec.omni7.jp/detail/4904740516974

ファイテンキャンペーン →
http://www.phiten.com/hanyu-project/


G-SHOCKが当たるキャンペーン →
https://xylitol20th.jp/#campaign

ロッテキシリトールガム アソートボトル


東京西川 フォトフレームクロック プレゼント キャンペーン →
http://nishikawadown.jp/

銀座三越7階 →
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/floor/7f/index.html



中国杯 女子ショートプログラム 18:10 ~ 19:36
https://www.youtube.com/watch?v=aVRBzcLGo3o
本田真凛選手 18:50ごろ
三原舞依選手 19:17ごろ
樋口新葉選手 19:23ごろ


中国杯 男子ショートプログラム 20:05 ~ 21:38
ボーヤン・ジン選手 21:18ごろ
田中刑事選手    20:59ごろ
ワンツーフィニッシュ
https://www.youtube.com/watch?v=rp3VLU5JMIw



タッチ 長澤まさみ アマゾンビデオ

タッチ 長澤まさみ DVD


ブラックスワン → https://twitter.com/nickverreos1/statu…