スキップしてメイン コンテンツに移動

ほかの記事も、読んでみてね!

右上の三本線を、クリックしてみてください。
ラベル(カテゴリー)がでてきます。
これまでのブログ記事を、見ることができます。
よろしくお願いします。

NHK「花子とアン」第10週「乙女よ、大志を抱け!」感想。


6月2日~6月7日
この週に描かれるのは、「切ない恋愛模様」というところである。
まだまだ若い女の子、男の子、あるいは夫婦愛、というところもある。
まずは、花子の「腹心の友」蓮子の状況である。
九州にお嫁に行った蓮子の姿は、山梨の花子の姿と同時進行で描かれている。

蓮子は、お見合い結婚の相手と、どうにも合わないようだ。
最初から政略結婚であり、あまり期待はしていなかったかもしれないが、夫が女学校の設立を手掛けていることが、唯一の希望だった。
その夢を打ち砕かれて、自宅でたいそうぜいたくなサロンを開くようになる。
また、好きな短歌の歌集を、大金持ちだけが取り柄な夫のお金で出版させてもらうことになる。という筋書きである。
しかし、この蓮子と伝助の夫婦も見ていていろいろと、思うところもある。
一代で財産を築き上げた伝助にも、男性として成功者として、とても素晴らしいところがある。
字が読めない、教育を受けていない、これが伝助の劣等感だとあるが、それでも社会の中で男として立派に仕事を成し遂げている。
蓮子にはこうした、男として、社会の中で立派に仕事をしているという姿が、見えないようである。
そして、文学好きで芸術好きの蓮子にとっては、夫の伝助も、義理の娘も、「私が教育をしなおして差し上げます」という対象にしか見えないのである。
これでは、夫も家族も、見下げられていてかわいそうである。

自宅にクラシック音楽の演奏家を招いて音楽会を開いたときに、音楽にうっとりしている蓮子の横で、大きな音を立ててせんべいをかじりはじめた夫、この夫は、自分の存在を主張しようとしたのではないだろうか。
大切な夫よりも、目の前の音楽にうっとりしている妻であっては、どうにも妻らしいとはいいかねる。
これでは、伝助も立場がない。
どんな出会いであっても、夫婦として絆を育んでいこうと思えばできることではないだろうか、と私は思ってしまうのだ。

それでも、口げんかをするようなシーンでは、感情的になる蓮子と、頑固な伝助は、確かに似た者同士の夫婦にしか見えないところが、なんとも不思議である。
こうして、蓮子は、とうとう歌集を出版して、山梨の花子に送ることになる。

蓮子にとって花子との別れ、結婚をする際に、ちょっとやけになっていた蓮子は、花子に冷たくあたってしまったので、どうにも何か言い出しずらいところはあったのだろうが、歌集を贈るときには、ずいぶんとまた、挑戦的なお手紙をつけてきたものである。
「あなたはいつ、安東花子の名前で出版をなさいますの?」という口調である。
これもまた蓮子らしいところであるが、「腹心の友」は、ライバルでもある、ということだろうか。
こうして、蓮子は、何かつじつまの合わない家庭生活の中で、歌人という自分の道を苦しみながら見出していくようである。
炭鉱で事故が起こってここでは、夫の剛三の看病をしているので、蓮子の話はまだまだ先がありそうだ。

次に、舞台は山梨で、花子の末の妹、「もも」ちゃんの初恋と縁談である。
花子に背負われて小学校に「通った」ももちゃんも、もうそんな年ごろとなった。
ここへ、父親がまた、行商から帰ってきて、ずいぶんなお土産を持ってきた。
ももちゃんの縁談である。
相手は北海道で開拓をしている森田くんである。
これは、非常によい縁談である、と見ていた私は本当にうれしくなった。
さすが、行商をして全国を、広い世界を見てきた父親である。
これからは北海道の時代である、と演説をまくしたて、ももちゃんに北海道に行くことを勧めるのだ。

ところが、なんとしたことか、ももちゃんは、北海道に行きたくない、というのである。
どうしてだろう?
私なら絶対に飛んでいくと思うのだが…。

なんと、ももちゃんには好きな男の子がいたのである。
その男の子とは、花子の幼なじみである、朝市くんなのである。
その朝市くんは、花子のことを好きなのだが、花子にとっては、朝市くんは、幼なじみ、同級生、友達、ボーイフレンドにすぎない。
「異性」としては全然見ていないのである。
そして、花子は、ももちゃんの気持ちに気づいて、朝市くんとなんとか仲良くさせようというのだから、本当に困ったものである。
でも、中学校のときも、高校の時も、クラスメイト同志のなかで、こんな人間関係があったように思う。

そういうわけで、ももちゃんの初恋は成就せず、それでも、きちんと言葉で気持ちを伝えてから、北海道へと旅立つことになる。
私は本当によかった、と思った。
初恋くらいは、幼い時に誰もが体験するものだ。
それが近所のお兄さんだったりして、その初恋は、女の子の人生にとって、いわば小学校の初恋授業のようなものだ。
本当の、大人の女性としての恋愛、夫婦愛というのは、まだまだ先の話である。
北海道に行けば、きっといいことがある。
何しろ大陸気質で土地は広いし、雪は真っ白できれいだし、開拓は自由の気風があって男女平等だし、食べ物はおいしいし、第一、北海道に開拓に行こう、という男の人には、勇気と決断力と男らしいタフな根性がすわっている。
ぜったいにいい男性に決まっているからだ。

ももちゃんを送り出すときの、山梨の家族のようすは、本当に心あたたまる、素敵なシーンだったと思う。
そしてヒロイン花子にとっても、この週は、大切なことがたくさんある。
ひとつは、九州の蓮子から、先を越されて、歌集が送られてきたこと。
もうひとつは、遠く北海道へ渡る妹のももちゃんから「おねえやんの書いた物語が読みたい」と言われたことである。
先週では、学校の生徒から「花子先生の物語が読みたい」と言われている。
こうしたたくさんの人たちからの触発と、「あなたの物語が読みたい」という読者の声が、花子を突き動かすことになる。
またここで、一方は九州、一方は北海道、また生徒は住所知れず、というところも、大切な要素かもしれない。
というのは、言葉で話しては通らないほど遠くだが、活字になれば、花子の言葉が伝わる場所だからである。
活字になる、本にする、という意味を、強く思った花子なのである。

Girls be Ambitious !
私もこの、「ガールズビーアンビシャス!」でこれまでの人生をずっと生きてきた。
開拓精神、フロンティアスピリットで、人生に挑戦していきましょう!


このブログの人気の投稿

雅子さまと紀子さま。

昭和天皇のご記録が出来上がり、国民にも公表された。
「謎の遊び・クロックノール」というのも、何かとてもユーモラスで楽しい。
昭和天皇というかたは、とても身近な雰囲気をお持ちのかたであったように思う。
そして今は、平成26年である。
私はこういうことは、案外ケロッとして口にしてしまうほうなのだが、平成の次はどんな元号になるのだろう?
「平成」の元号が発表されたときに、どこでどんなふうに、そのニュースを聞いたか、覚えていますか?
時代が大きく変わっていく不思議な気持ちがしたものでした。
それは、歴史の中に生きている、という実感のようなものだったと思う。

ところで、平成天皇のお次の天皇陛下は、いったい誰なのかしら?とこれも、私はケロッとして口にしてしまうのだが、実は国民の誰もが、いや女性たちなら誰もが、陰に隠れなくても、表だって、井戸端会議というやつで、話し合っているもっかの話題である。
日本国の女性なら誰しも、天皇陛下は人間なのである、と学校で習った覚えはあって、きっと人間なんだろう、と思うけれども、すごくえらいのかどうかまでは、なんだかよくわからない。
すごく威張っている人はすごくえらいのだと思うけれど、あまり威張らないで、お仕事も民間の人とにこやかに握手をする内容なので、やさしい人なのだと思う。
それでも、この世の中には、「お姫様」とか「王様」「王子様」というかたがたが存在するのだ、と思うと、なんだかその存在と、その人々を尊敬することが、心のなかでとてもうれしい、誇らしい気持ちになる。
王族、という存在は、ワールドワイドな世界状況になって、ますますいろいろな価値を持ってくるものだと思う。
フランス人だって、フランス革命以来、王様を探している、という話ではないか。

私たち女性国民とすると、皇太子殿下というか、次の天皇陛下が誰になるか、という問題は、日本国民を代表する女性トップは誰なのか、という問題になる。
これは女性一般論であると思うし、私も女性の友達とあれこれお茶飲み話をした結論であるが、やはり、美智子妃殿下、皇后陛下は、とても立派でおやさしくて、すばらしいかたであると思う。
そうして、女性週刊誌でも書かれている通り、話題として、「雅子さんと紀子さんと、あなたはどちら派?どちらが好き?」という話になる。
これは、本当にお茶飲みの話題だから、誰もがしていることとして…

NHK「花子とアン」主題歌「にじいろ」感想。

表現と日本語の間。
夏休みも終盤となった。
学生の皆さまには、夏休みの宿題がまっさかり、というところである。
受験生や浪人生の皆さまには、「夏が受験の天王山」ということで、充実した学力づくりに取り組めたのではないか、と思う。
私は、自分自身が、こうして文章を書くことでさまざまな活動をしているので、教育問題は、とても大切なことだと常々思っている。
いろいろと考えたが、やはり私は、自分が文章を書くから、という理由だけではなしに、やはり日本語、語学力、ネイティブな母国語の語学力が一番大切だ、ということが、学力と教育に一番に訴えたいことである。
私は、何よりも「正確な日本語」の習得が、一番大切なことである、と考えている。
正確な日本語は、5W1Hのかなった日本語であるが、これは、事実を正確に伝えるメディアやニュース番組などの、文章が一番であるように思う。

ここで、正確な日本語と、文学的表現について、具体例を示してよく考えてみたい。
NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」は、クランクアップを迎えたようであるが、放送はまだまだ続いている。
みなが毎朝、目にして耳にする、テーマソングの歌詞を例にとってみると、正確な日本語と、文学的表現のちがいがわかりやすいので、書き分けてみたいと思う。

♪ これから始まるあなたの物語
これは、「これから始まる○○の物語」となることが、正確な日本語である。
たとえば、「これから始まるウサギの物語」
「これから始まるミッキーマウスの物語」
などというように、○○には、名詞が入るべきである。
「だれの」あるいは「どんな」物語なのか、という修飾語になるはずだ。
しかし「あなたの」は、二人称である。
名詞にすれば、正確な日本語表現であるが、ここで二人称にしたのは、「ひとひねりした」日本語の修飾となる。
このあたりで、文学的表現となるが、これは、「伝える」日本語としては、とてもわかりずらい。

♪ ずっと長く道は続くよ
一行目に、「これからあなたの物語が始まりますよ」と呼びかけているにも関わらず、今度は、「道」が主語になっている。
これは、考えようによっては、一行目に「あなた」に呼びかけたので、「これから始まる道は長いですよ」と道について説明したようになっている。
しかし、一行目では道は出てこないので、「物語イコール道」と考えたほうがよいだろう。

♪ 虹色…

フィギュアスケート関連。

中国杯 男子ショートプログラム ライブストリーミング →
https://www.youtube.com/watch?v=rp3VLU5JMIw


ボーヤン・ジン フィンランディア杯 SP →
https://www.youtube.com/watch?v=FrGxD28Nal0

ボーヤン・ジン フィンランディア杯 FS →
https://www.youtube.com/watch?v=Kh7VnFxoxS8


歌いまくるゆづ →
https://twitter.com/aoitori1207/status/925395208581234688

きき湯 スペシャルモデル 森林浴調の香り 入浴剤 →https://www.amazon.co.jp/dp/B076PM6T8M/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_9UW-zbKKD8P9D

きき湯 オムニセブン限定セット ポストカード付き →
http://iyec.omni7.jp/detail/4904740516974

ファイテンキャンペーン →
http://www.phiten.com/hanyu-project/


G-SHOCKが当たるキャンペーン →
https://xylitol20th.jp/#campaign

ロッテキシリトールガム アソートボトル


東京西川 フォトフレームクロック プレゼント キャンペーン →
http://nishikawadown.jp/

銀座三越7階 →
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/floor/7f/index.html



中国杯 女子ショートプログラム 18:10 ~ 19:36
https://www.youtube.com/watch?v=aVRBzcLGo3o
本田真凛選手 18:50ごろ
三原舞依選手 19:17ごろ
樋口新葉選手 19:23ごろ


中国杯 男子ショートプログラム 20:05 ~ 21:38
ボーヤン・ジン選手 21:18ごろ
田中刑事選手    20:59ごろ
ワンツーフィニッシュ
https://www.youtube.com/watch?v=rp3VLU5JMIw



タッチ 長澤まさみ アマゾンビデオ

タッチ 長澤まさみ DVD


ブラックスワン → https://twitter.com/nickverreos1/statu…