スキップしてメイン コンテンツに移動

ほかの記事も、読んでみてね!

右上の三本線を、クリックしてみてください。
ラベル(カテゴリー)がでてきます。
これまでのブログ記事を、見ることができます。
よろしくお願いします。

アジアのなかの日本という誇りについて。

アジアのなかの日本。
私はこのところ、いやここ数年、とても考えていることがある。
それは、二年半前のアジア危機と、そこから続く世界情勢のことである。
この状況と、今、日本が向かおうとしている方向がわからないと、本当に世の中が真っ暗闇になってしまう。

しかし、このところ、世界情勢が少しずつ見え始めている。

私がひとつ、自分自身の心を見つめて思うのは、まず「心の傷」を癒さなければならない、ということである。
二年半前のアジア危機において、自分自身が何を感じたか、ということが、とても長い間、自分でもわからなかった。
でも、時間をかけたら、わかってきた。
それは、深い悲しみであり、ショックであり、恐怖でもある。

あのとき、日本は東日本大震災に見舞われていた。
お見舞いに来てくれる世界中の国々の友情にとても感謝したものだ。
しかし、世界情勢はそんなに甘いところではなかった。
一年と少ししか経っていないのに、世界は、日本を中心としたアジアを侵略しようとしてきた。
人間、というものに、多少でも信頼感があるのなら、こんなに意地悪な考えを持つ人々がいまだ存在する、ということが、たいへんなショックである。

また、世界、というものを痛感させられた。
学校で習った地図くらいしか頭になかった。
知識でしかなかった「世界」というもの、そして「世界のなかのアジア」「アジアのなかの日本」として、国を守らなければならなくなった。
それは、知識だけで、とっさに守ったことであるが、あとあとになって、心に大きなダメージを与えたように思う。

それは、「日本である」「日本人である」という誇りが、自尊心が、とても深く傷つけられた、ということである。
誇りが破壊された、といっても過言ではない。

これまで、親に可愛がってもらった自分。
自分の家や、部屋、大切にしている食器までが、とてもつまらないものに見えてきた。
誰かに常に「いじめられている」という気持ちがした。
これは、アジア人である、日本人である、黄色人種である、ということを、痛感して、日本人の世界での立ち位置を、改めて確認してしまった、その痛みである。

常日頃、自分が日本人であることに、疑いを抱いていなかったし、誇りも持っていた。
日本は先進国であるし、また勉強もたくさんしている。
倫理道徳もきちんとしている。
自然も豊かで人情も厚い。
そうした日本人であることに、誇りを持ってきた。

しかし、二年半前のアジア危機のときから、世界情勢を痛感するにあたって、本当にアジアはバカにされている、小さな存在である、と痛いまでに感じずにはいられなかった。

そして、考えてみれば、テレビでもメディアでも、日本文化の良さを、世界に向かって発信する動きがさかんである。
懐古趣味か、と思うくらい、日本固有の、日本伝統の、という風物に、こだわり始めている。
私も、英語なんか使うものか、と思ったこともある。
黄色人種で何が悪い、と思ったこともある。
しかし、すべてが劣等感にすぎないのかもしれない。

こうした、世界のなかのアジア、アジアのなかの日本、その立ち位置がとても低いものであることを認識したときに、何かが心のなかで、壊れてしまったような気がする。

でも、気を取り直した。
私は、地球市民である。と思うことにした。
地球市民はすべてが平等である。
ここまできて改めて、日本が島国であることや、単一民族であることを思った。
そして、どんな肌の色であっても、人間は平等である、と改めて考えを持ち直した。
そして、傷ついた自尊心を取り戻せた気がする。

ところで、先日、NHK大河ドラマで「花燃ゆ」が始まったのだが、ご覧になってみただろうか。
NHKはいろいろないきさつがあって、今回の「花燃ゆ」のドラマは、安倍晋三総理大臣の肝いりだ、と言われている。
安倍総理は、以前から「長州魂」というような言葉を発することがあるようだ。
果たして、長州魂というのは、どういうものであったか。

ドラマを見て、改めて、安倍総理からのメッセージの発信であるように思えた。
それは、明治維新の当時、と現代とが、とてもよく似通った時代背景にあるからかもしれない。
日本人としての誇りを持ち、日本を守り、世界と堂々と外交をしていく。
また、日本国内としては、世直しをしていく、これが長州魂であるように思えた。

そう考えると、今の日本社会に起こっていることは、長州魂のそのままの実践であるように思う。
世界のなかで、欧米列強につぶされない日本を作ること。
そして、日本人は日本人らしく毅然として倫理道徳を守ってくらすこと。
日本の世直しをしているようなのである。

それは、なるほど、と思えた。
確かに、あまり総理大臣の信条などは、聴く機会もないものだが、こうして考えてみると、戦争をしようとか、世の中を混乱させようとか、自分の利害のために権力を使おう、とかそういうことを考えているわけではなさそうである。

しかし、私は、あまり賛成できない。
「全日本長州化」というのは、いかがなものか。

私は、長く北海道にいた。
北海道にいて、自分が日本人だ、と意識することはほとんどなかった。
どこの国にいるかも、あまり考えたことがなかった。
というのは、とても広い大地のなかにあって、北はすぐにサハリン、日本海の向こうには中国大陸、海は広く、地平線は果てしなく、そこに国境を見ることはできなかったからだ。
自然のなかに、国境線はない。

そして、北海道は自由と平等の天地である。
どこの出身であるとか、どんな職業であるとか、関係なく、人々が自然のなかで、豊かに仲良く暮らすことができた。
でも長州では、長州出身であることや武士であることが、とても重要であるようだ。

日本文化というのも、伝統文化ということでは、とても素晴らしいものであるが、こだわりすぎるのはどうか、とも思う。
小さな中庭に、小さな竹、小さな井戸、小さなシシオドシに、小石をしいて、日本庭園、というのは、せせこましい、と思えないこともない。

北海道の、ただただ地平線が広がり、木々が立ち並ぶ様子に比べると、日本文化にそんなにこだわるのは、たいして面白くもないような気がしてくる。

西日本ではそういうものなのかもしれないが、東日本とか北海道では、もっとおおらかで、平らかな、こだわりのない、くつろいだ気持ちがあったように思う。

国境にこだわって、国の誇り、と言っているよりも、世界市民として、どんな人種も平等に暮らせるほうが、よいのではないだろうか。
私には、「わが国を守る」ということが、理解できない。
地球市民としての、もう一歩大きな広い視点も、必要であるように思う。

付け加えて言えば、日本と欧米、という関係と位置付けを考えると、日本はがんばって欧米化しようとすることは、どうなのか、と思う。
アメリカやヨーロッパに虐げられ搾取されてきた、という点では、イスラムや中東と同じ立場ではないか。
ここは、イスラムと一致団結して、欧米を倒す、という立場にあるのが、日本の位置づけではないのだろうか。
私は、イスラムの人々の、アメリカに屈してきた悔しさのほうが、自分の気持ちに近い気がしている。



このブログの人気の投稿

雅子さまと紀子さま。

昭和天皇のご記録が出来上がり、国民にも公表された。
「謎の遊び・クロックノール」というのも、何かとてもユーモラスで楽しい。
昭和天皇というかたは、とても身近な雰囲気をお持ちのかたであったように思う。
そして今は、平成26年である。
私はこういうことは、案外ケロッとして口にしてしまうほうなのだが、平成の次はどんな元号になるのだろう?
「平成」の元号が発表されたときに、どこでどんなふうに、そのニュースを聞いたか、覚えていますか?
時代が大きく変わっていく不思議な気持ちがしたものでした。
それは、歴史の中に生きている、という実感のようなものだったと思う。

ところで、平成天皇のお次の天皇陛下は、いったい誰なのかしら?とこれも、私はケロッとして口にしてしまうのだが、実は国民の誰もが、いや女性たちなら誰もが、陰に隠れなくても、表だって、井戸端会議というやつで、話し合っているもっかの話題である。
日本国の女性なら誰しも、天皇陛下は人間なのである、と学校で習った覚えはあって、きっと人間なんだろう、と思うけれども、すごくえらいのかどうかまでは、なんだかよくわからない。
すごく威張っている人はすごくえらいのだと思うけれど、あまり威張らないで、お仕事も民間の人とにこやかに握手をする内容なので、やさしい人なのだと思う。
それでも、この世の中には、「お姫様」とか「王様」「王子様」というかたがたが存在するのだ、と思うと、なんだかその存在と、その人々を尊敬することが、心のなかでとてもうれしい、誇らしい気持ちになる。
王族、という存在は、ワールドワイドな世界状況になって、ますますいろいろな価値を持ってくるものだと思う。
フランス人だって、フランス革命以来、王様を探している、という話ではないか。

私たち女性国民とすると、皇太子殿下というか、次の天皇陛下が誰になるか、という問題は、日本国民を代表する女性トップは誰なのか、という問題になる。
これは女性一般論であると思うし、私も女性の友達とあれこれお茶飲み話をした結論であるが、やはり、美智子妃殿下、皇后陛下は、とても立派でおやさしくて、すばらしいかたであると思う。
そうして、女性週刊誌でも書かれている通り、話題として、「雅子さんと紀子さんと、あなたはどちら派?どちらが好き?」という話になる。
これは、本当にお茶飲みの話題だから、誰もがしていることとして…

NHK「花子とアン」主題歌「にじいろ」感想。

表現と日本語の間。
夏休みも終盤となった。
学生の皆さまには、夏休みの宿題がまっさかり、というところである。
受験生や浪人生の皆さまには、「夏が受験の天王山」ということで、充実した学力づくりに取り組めたのではないか、と思う。
私は、自分自身が、こうして文章を書くことでさまざまな活動をしているので、教育問題は、とても大切なことだと常々思っている。
いろいろと考えたが、やはり私は、自分が文章を書くから、という理由だけではなしに、やはり日本語、語学力、ネイティブな母国語の語学力が一番大切だ、ということが、学力と教育に一番に訴えたいことである。
私は、何よりも「正確な日本語」の習得が、一番大切なことである、と考えている。
正確な日本語は、5W1Hのかなった日本語であるが、これは、事実を正確に伝えるメディアやニュース番組などの、文章が一番であるように思う。

ここで、正確な日本語と、文学的表現について、具体例を示してよく考えてみたい。
NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」は、クランクアップを迎えたようであるが、放送はまだまだ続いている。
みなが毎朝、目にして耳にする、テーマソングの歌詞を例にとってみると、正確な日本語と、文学的表現のちがいがわかりやすいので、書き分けてみたいと思う。

♪ これから始まるあなたの物語
これは、「これから始まる○○の物語」となることが、正確な日本語である。
たとえば、「これから始まるウサギの物語」
「これから始まるミッキーマウスの物語」
などというように、○○には、名詞が入るべきである。
「だれの」あるいは「どんな」物語なのか、という修飾語になるはずだ。
しかし「あなたの」は、二人称である。
名詞にすれば、正確な日本語表現であるが、ここで二人称にしたのは、「ひとひねりした」日本語の修飾となる。
このあたりで、文学的表現となるが、これは、「伝える」日本語としては、とてもわかりずらい。

♪ ずっと長く道は続くよ
一行目に、「これからあなたの物語が始まりますよ」と呼びかけているにも関わらず、今度は、「道」が主語になっている。
これは、考えようによっては、一行目に「あなた」に呼びかけたので、「これから始まる道は長いですよ」と道について説明したようになっている。
しかし、一行目では道は出てこないので、「物語イコール道」と考えたほうがよいだろう。

♪ 虹色…

フィギュアスケート関連。

中国杯 男子ショートプログラム ライブストリーミング →
https://www.youtube.com/watch?v=rp3VLU5JMIw


ボーヤン・ジン フィンランディア杯 SP →
https://www.youtube.com/watch?v=FrGxD28Nal0

ボーヤン・ジン フィンランディア杯 FS →
https://www.youtube.com/watch?v=Kh7VnFxoxS8


歌いまくるゆづ →
https://twitter.com/aoitori1207/status/925395208581234688

きき湯 スペシャルモデル 森林浴調の香り 入浴剤 →https://www.amazon.co.jp/dp/B076PM6T8M/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_9UW-zbKKD8P9D

きき湯 オムニセブン限定セット ポストカード付き →
http://iyec.omni7.jp/detail/4904740516974

ファイテンキャンペーン →
http://www.phiten.com/hanyu-project/


G-SHOCKが当たるキャンペーン →
https://xylitol20th.jp/#campaign

ロッテキシリトールガム アソートボトル


東京西川 フォトフレームクロック プレゼント キャンペーン →
http://nishikawadown.jp/

銀座三越7階 →
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/floor/7f/index.html



中国杯 女子ショートプログラム 18:10 ~ 19:36
https://www.youtube.com/watch?v=aVRBzcLGo3o
本田真凛選手 18:50ごろ
三原舞依選手 19:17ごろ
樋口新葉選手 19:23ごろ


中国杯 男子ショートプログラム 20:05 ~ 21:38
ボーヤン・ジン選手 21:18ごろ
田中刑事選手    20:59ごろ
ワンツーフィニッシュ
https://www.youtube.com/watch?v=rp3VLU5JMIw



タッチ 長澤まさみ アマゾンビデオ

タッチ 長澤まさみ DVD


ブラックスワン → https://twitter.com/nickverreos1/statu…