思想と哲学を考えるにあたって。追記。

思想と哲学を考えるにあたって。追記。

共産主義、というテーマもある。
共産主義は、ひとつの人間観に基づいている。
すなわち、人間はすべて平等である、という人間観である。
また、ひとつの幸福観にも基づいている。
それは、富の分配である。
しかし本当に、働いた人も働かなかった人も、平等に富が分配されて、それで人間として、幸福を感じるものなのだろうか?
こうなると、思想や哲学の範疇となってくるのである。

もしも、共産主義の基礎となる、人間観と幸福観に関して、決定的な誤りを見つけて論破することができたら、世界の東西冷戦は、なくなるそうだ。
現在、世界を悩ます問題のひとつは、東西の冷戦、つまり、共産主義と資本主義の対立であるから、この問題提起は大きい。