スキップしてメイン コンテンツに移動

2017年7月4日 ツイッターまとめ。

解散!!!

こんにちは。お元気ですか…? きょうは台風が近づいて、雨模様となりました。

衆議院、解散しましょう。

自民党の皆さまも、総理大臣が一年と4か月も不在のまま、「チーム・首相官邸」ということで、本当にがんばってこられたと思います。でももう、これ以上は、無理です。
自民党としても、新しく党首を立てて、新出発しましょう。
衆議院解散、総選挙いたしましょう。

自民党としては、これまでどおり、改憲と経済を訴えていくので、よいのではないでしょうか。右派と呼ばれる勢力は、確実に存在しています。その人たちの期待に応える政治を、これからも訴えていくのがよいのではないか、と思います。

民進党を中心とした左派の勢力は、国民の視点に立った、生活を中心に訴えていくのがよいのではないか、と思います。
 
小池百合子都知事が、国政に参加するかどうか、まだわからない状況ですが、今の勢力をそのままにしておくこともないでしょう。小池さんの政治塾から何名か立候補させることも、視野に入れてもよいのではないか、と思います。

民進党は、都議会では影が薄くなってしまいましたが、これからの争点の作り方によっては、充分戦っていけると思います。党首を蓮舫さんに立てているのですから、蓮舫さんと女性を中心に、政策を練っていくのがよいかと思います。
蓮舫さんは、昨年秋に党代表になられてから、すぐに選挙、政権交代を視野に入れて、政治活動をなさっていました。すでに「やる気満々」だと思います。言動に力のあるかたです。戦えます。

民進党は、生活者の視点にたって、具体的な政策を提案するのがよいかと思います。保育所の数を、どこにいくつ、いつまで、と明確な目標を立てて、国民に提案できるように、ブレーンを総動員させてみてください。
民進党執行部では、ブレーンの男性陣が、連合などとの約束があって、女性のための政策にあまり熱心ではなかったかもしれないですが、これは選挙戦略だと思って、女性票を獲得するために、政策を作ってあげてください。

民進党が、「自民党に不満を持つ人たち」の受け皿になれるように、力を合わせましょう。

個人的な思惑があるわけではありませんが、「共産党」は、よい意味でもそうではない意味でも、なかなか「曲者」だと思います。四党合意からは、はずしたほうが、有権者が投票しやすくなるのではないか、と思います。

民進党は、確実に、どの選挙区においても、候補者を立てることです。前回の選挙では、自民党からの圧力により、全員当選でも過半数は獲得できない数で、最初から戦わざるをえませんでした。
民進党は、しっかりと政権交代を訴えて、候補者を立ててくださいね。メディアはそれを応援しましょう。

女性のための政策、特に保育所問題、待機児童問題においては、保護者の意見を聞くことが大事ですね。私はこれまで長らく対立してきましたが、女性記者さん、女性メディアジャーナリストの皆さんは、非常に発言力があって、勢力を持っています。また要望も持っています。
女性のメディアジャーナリストの皆さんの声を聞いて、それを集結するトップとして、蓮舫さんに立ってほしいと思います。そして、蓮舫さんを引き立てていきましょう。

女性が働くための環境づくり、というのは、男性陣から見ると、ちょっと不平不満もあるところです。そこをうまく世論形成していけたら、すごいですね。ちょっと自民党にはできないことですね。
民進党は、女性のための政策で、勝負すると「いける」と思います。また、自民党不満への受け皿として、しっかりと足場を固めることが大切だと思います。蓮舫さん、できますよね! ブレーンの男性陣、お願いしますね!

自民党は自民党の、世界情勢や、憲法改正で、駒を進めていきましょう。

それでは、ツイット、終わるときには終わらないと、東京新聞さんからいろいろ言われますからね…。おいしいものをたくさんいただいて、がんばりましょう。何、都政ですか。これからの企業の働き方は、欧米式に変化しつつあります。
特に都政では、お金の使い方の透明化が、今後課題になっていきますから、なあなあではなく、企業のような体制を整えるのは、いいことではないか、と思います。

ではまたね。東京さん、またたまにツイッターしてもいい? じゃまたね。see you again!(*ゝェ・)/~☆Bye-Bye♪