スキップしてメイン コンテンツに移動

ほかの記事も、読んでみてね!

右上の三本線を、クリックしてみてください。
ラベル(カテゴリー)がでてきます。
これまでのブログ記事を、見ることができます。
よろしくお願いします。

フジテレビ「SUITS」第三話を見て。感想。


フジ月9

大好きなテレビ番組が、また、始まった。

以前から、織田裕二さんの大ファンで、織田さんのドラマは、毎回見ている。

今回は、久々の月9ということで、すごく、すごく、楽しみに待っていた。

そして、期待通りの、やっぱりフジらしい、ドラマになっている。



第一話から見ていて、実はアメリカ版は見ていなくて知らないのだけれど、ともかく、スピード感があって、素敵だ、と思った。

そして、織田裕二さんと、鈴木大輔さん、(中島裕翔くん、ゆうとくん)の、ふたりの関係性を軸に描いていくところが、とても素敵だ。



大輔は、ともかく若いところが、いいところだと思う。

時代がどんどん変化するなかで、経験を積んだ実力派弁護士の織田裕二さんと、まだ若いゆうとくんが、力を合わせて、弁護士の仕事を勝ち取っていくところが、抜群に面白い。



ところが、である。

うちの主人と、この第三話の感想を話し合っていたら、うちの主人には、この若手のほう、ゆうとくんの「仕事」の内容が、全然わかっていなかった、というのである。

だから、ゆうとくんの仕事のところは、飛ばして見ていたそうだ。

なので、ラストで、織田裕二くんの仕事とかみ合うところが、全然わからなかったそうである。



ゆうとくんが勝ち取った顧問弁護士の仕事、これ、なんだか、わかりました…?

昼間からクラブでお酒を飲んでいた理由は…?

なんで、「昼間から」なのか、わかりました…?

そして、昼間から若者同士でクラブでお酒飲んで、それで、顧問の仕事を受けることができたのは、なぜだか、わかりました…?



そもそも、この、顧問となった、若者の職業は、なんだか、年収がいくらくらいなのか、わかりました…?

なぜ、ゆうとくんの一言で、技術屋(エンジニア)を、社長にしようとしたのか、わかりました…?



世界に10億のユーザーを持つ、というこのCEOの仕事は、ゲーム会社の社長です。

おそらくは、実在するDMMというゲーム会社をモデルにしていると思います。

20代の若さで、IT長者となっています。年収は数億円単位でしょう。

ゆうとくんは、このゲームで、「三つ目小僧」というアカウント名を持っていて、世界トップクラスのゲーマーだったのですね。

フリーでアルバイトをしていたころから、ゲーム好きだったのでしょう。

DMMの社長はこの、「三つ目小僧」というアカウントを覚えていたのですね。





それで、昼間のネットクラブに呼びました。

ここでは、ただ集まってお酒を飲んでいたのではなくて、大画面にゲームを映して、世界を相手に、ゲームをして観戦していたのですね。



ここで問題なのは、時間です。

日本では昼間でも、アメリカでは、深夜なのです。

今の若者に、時差なんてないのです。



私も、友達がスポーツの大会に出場したりするのを、インターネットでライブ観戦したりしますが、日本時間で深夜でも、あちらでは、昼間なのです。

国際間の飛行機だって、深夜でも早朝でも、時差を越えて飛んでいるではないですか。



だから、ゆうとくんは、オンラインゲームをしていたのです。

それで、オンラインのつながったクラブで、世界中のゲーマーの間で有名になった、「三つ目小僧」の、アカウントで、お酒を飲みながら、ゲームをして、きっと勝ったんですね。



そのあたりを、DMMCEOに買われて、それで、年収数億円の大会社の、顧問となったわけです。



それで、車の後部座席にも座らせてもらえます。

というか、このDMMの会社のCEOが、お金にものを言わせて、織田裕二さんのほうの弁護、時計会社ですが、ここを、買収するように、話をつけたのですね。



このゲーム会社のCEOは、エンジニア出身で、コンピューターのエンジニアが、会社社長になる時代だ、と、言ったわけです。

若手CEOは、時計会社とも、職人気質が「合う」「わかる」というわけなのですね。



ゆうとくんのセリフに、「appleだって、Facebookだって、社長はエンジニアじゃん」とありました。



その「エンジニア」が、織田裕二さんの弁護する、時計会社の社長選びの決め手となったわけです。



わたしが思うのは、時計会社の後継者選びが、大塚家具とちょっと似ていたところ、ここが混乱の原因になったように思います。

大塚家具の件をモチーフにするのなら、もっと追求してもよかったように思います。



そして、こうして、ゲーム世代と、40代過ぎの、大人との関係を描くならば、もっと丁寧に描いたほうがいい、と思う。

とてもいい題材だと思います。



おそらくは、脚本家か、原案の人たちは、このストーリーがわかっていたのですが、現場には伝わっていなかったのではないか、と思います。



織田裕二さんの以前のインタビューで読んだのですが、「東京ラブストーリー」のときに、「自分だったらこうしないな」「このときの主人公の気持ち全然わからない」と思いながら、ともかく、プロデューサーの言うとおりに演じていたそうです。



フジのドラマの「古さ」は、こうした、「理解も納得もないままで、現場を動かしている」ところではないか、と思うのです。

原案がとても先端なのに、全体がついてこない、そして、視聴者に全く伝わらないのは、現場の在り方に問題があるのではないか、と思うのです。



でも、これは個人的な見解です。



でも、ゆうとくんが、なぜ昼間からお酒を飲んでいたのか、その理由がわかれば、鈴木保奈美さんの態度、演技も、ちがっていたのではないでしょうか。

織田裕二さんが、「昼間から酒を飲んでいるなら帰れ」と言い放った一言が、ものすごく古くなってしまうのは、もったいないです。



大人が若者を理解して、助けて、優秀な才能に、投資を惜しまない、そこ素敵だと思います。





言いたいことを言ってしまいましたが、今夜はこのへんで。

来週も楽しみにしています。


このブログの人気の投稿

雅子さまと紀子さま。

昭和天皇のご記録が出来上がり、国民にも公表された。
「謎の遊び・クロックノール」というのも、何かとてもユーモラスで楽しい。
昭和天皇というかたは、とても身近な雰囲気をお持ちのかたであったように思う。
そして今は、平成26年である。
私はこういうことは、案外ケロッとして口にしてしまうほうなのだが、平成の次はどんな元号になるのだろう?
「平成」の元号が発表されたときに、どこでどんなふうに、そのニュースを聞いたか、覚えていますか?
時代が大きく変わっていく不思議な気持ちがしたものでした。
それは、歴史の中に生きている、という実感のようなものだったと思う。

ところで、平成天皇のお次の天皇陛下は、いったい誰なのかしら?とこれも、私はケロッとして口にしてしまうのだが、実は国民の誰もが、いや女性たちなら誰もが、陰に隠れなくても、表だって、井戸端会議というやつで、話し合っているもっかの話題である。
日本国の女性なら誰しも、天皇陛下は人間なのである、と学校で習った覚えはあって、きっと人間なんだろう、と思うけれども、すごくえらいのかどうかまでは、なんだかよくわからない。
すごく威張っている人はすごくえらいのだと思うけれど、あまり威張らないで、お仕事も民間の人とにこやかに握手をする内容なので、やさしい人なのだと思う。
それでも、この世の中には、「お姫様」とか「王様」「王子様」というかたがたが存在するのだ、と思うと、なんだかその存在と、その人々を尊敬することが、心のなかでとてもうれしい、誇らしい気持ちになる。
王族、という存在は、ワールドワイドな世界状況になって、ますますいろいろな価値を持ってくるものだと思う。
フランス人だって、フランス革命以来、王様を探している、という話ではないか。

私たち女性国民とすると、皇太子殿下というか、次の天皇陛下が誰になるか、という問題は、日本国民を代表する女性トップは誰なのか、という問題になる。
これは女性一般論であると思うし、私も女性の友達とあれこれお茶飲み話をした結論であるが、やはり、美智子妃殿下、皇后陛下は、とても立派でおやさしくて、すばらしいかたであると思う。
そうして、女性週刊誌でも書かれている通り、話題として、「雅子さんと紀子さんと、あなたはどちら派?どちらが好き?」という話になる。
これは、本当にお茶飲みの話題だから、誰もがしていることとして…

NHK「花子とアン」主題歌「にじいろ」感想。

表現と日本語の間。
夏休みも終盤となった。
学生の皆さまには、夏休みの宿題がまっさかり、というところである。
受験生や浪人生の皆さまには、「夏が受験の天王山」ということで、充実した学力づくりに取り組めたのではないか、と思う。
私は、自分自身が、こうして文章を書くことでさまざまな活動をしているので、教育問題は、とても大切なことだと常々思っている。
いろいろと考えたが、やはり私は、自分が文章を書くから、という理由だけではなしに、やはり日本語、語学力、ネイティブな母国語の語学力が一番大切だ、ということが、学力と教育に一番に訴えたいことである。
私は、何よりも「正確な日本語」の習得が、一番大切なことである、と考えている。
正確な日本語は、5W1Hのかなった日本語であるが、これは、事実を正確に伝えるメディアやニュース番組などの、文章が一番であるように思う。

ここで、正確な日本語と、文学的表現について、具体例を示してよく考えてみたい。
NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」は、クランクアップを迎えたようであるが、放送はまだまだ続いている。
みなが毎朝、目にして耳にする、テーマソングの歌詞を例にとってみると、正確な日本語と、文学的表現のちがいがわかりやすいので、書き分けてみたいと思う。

♪ これから始まるあなたの物語
これは、「これから始まる○○の物語」となることが、正確な日本語である。
たとえば、「これから始まるウサギの物語」
「これから始まるミッキーマウスの物語」
などというように、○○には、名詞が入るべきである。
「だれの」あるいは「どんな」物語なのか、という修飾語になるはずだ。
しかし「あなたの」は、二人称である。
名詞にすれば、正確な日本語表現であるが、ここで二人称にしたのは、「ひとひねりした」日本語の修飾となる。
このあたりで、文学的表現となるが、これは、「伝える」日本語としては、とてもわかりずらい。

♪ ずっと長く道は続くよ
一行目に、「これからあなたの物語が始まりますよ」と呼びかけているにも関わらず、今度は、「道」が主語になっている。
これは、考えようによっては、一行目に「あなた」に呼びかけたので、「これから始まる道は長いですよ」と道について説明したようになっている。
しかし、一行目では道は出てこないので、「物語イコール道」と考えたほうがよいだろう。

♪ 虹色…

フィギュアスケート関連。

中国杯 男子ショートプログラム ライブストリーミング →
https://www.youtube.com/watch?v=rp3VLU5JMIw


ボーヤン・ジン フィンランディア杯 SP →
https://www.youtube.com/watch?v=FrGxD28Nal0

ボーヤン・ジン フィンランディア杯 FS →
https://www.youtube.com/watch?v=Kh7VnFxoxS8


歌いまくるゆづ →
https://twitter.com/aoitori1207/status/925395208581234688

きき湯 スペシャルモデル 森林浴調の香り 入浴剤 →https://www.amazon.co.jp/dp/B076PM6T8M/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_9UW-zbKKD8P9D

きき湯 オムニセブン限定セット ポストカード付き →
http://iyec.omni7.jp/detail/4904740516974

ファイテンキャンペーン →
http://www.phiten.com/hanyu-project/


G-SHOCKが当たるキャンペーン →
https://xylitol20th.jp/#campaign

ロッテキシリトールガム アソートボトル


東京西川 フォトフレームクロック プレゼント キャンペーン →
http://nishikawadown.jp/

銀座三越7階 →
http://mitsukoshi.mistore.jp/store/ginza/floor/7f/index.html



中国杯 女子ショートプログラム 18:10 ~ 19:36
https://www.youtube.com/watch?v=aVRBzcLGo3o
本田真凛選手 18:50ごろ
三原舞依選手 19:17ごろ
樋口新葉選手 19:23ごろ


中国杯 男子ショートプログラム 20:05 ~ 21:38
ボーヤン・ジン選手 21:18ごろ
田中刑事選手    20:59ごろ
ワンツーフィニッシュ
https://www.youtube.com/watch?v=rp3VLU5JMIw



タッチ 長澤まさみ アマゾンビデオ

タッチ 長澤まさみ DVD


ブラックスワン → https://twitter.com/nickverreos1/statu…