自殺に追い込む暗示について。

安倍氏に限らず、政治家は、さまざまな脅しの手法を持っている。
しかしこれは、脅しではない。
暗殺、殺人である。
文章に「暗示」をしかけて、自殺を誘導するのである。
このところ、連日、水曜日以降も、読売新聞の「編集手帳」では、「死」「殺」という文字が書かれている。
また、数字や、「桜の咲くころ」などの文字も書かれている。
これがエスカレートしてくると、個人の名前の一文字、二文字が、書かれてくるようになる。
そして「きょう」という文字が出てくるようになる。
「この人」が必ず読むとわかっている文章に、こうしてトリックのように、暗示をしかける手口は、政治家の家に代々伝わるもので、新聞記者ではなく、政治家本人が書くこともあるようだ。

これは、中学生のいじめで、「葬式ごっこ」をするのと同じ心理効果をもたらす。
あるいは、「死ね」と連日、言うのである。
言われた子は、いつの間にか、自分には、価値がないと思い、いずれ自殺を図るのである。

昨年の、1月から3月にかけても、東京新聞と朝日新聞には、こうして、「死」「殺」の文字が書かれた。

しかし、暗示は暗示と見破れば、暗示は解けるのである。

政治家の、故・中川一郎氏も、その後継である、故・中川昭一氏も、不審な死を遂げたが、このように、暗示をかけられて、自殺に追い込まれたと思われる。