2017年9月28日。ツイッターまとめ。民進党の合流について。

こんにちは。お元気ですか…? きょう、いよいよ、衆議院が解散されますね! 選挙戦もおおいに盛り上がってきました!

「希望の党」に、民進党が合流する、という話、驚きましたね!

でも、私はちょっと心配です。一番心配なのは、「原発ゼロ」の課題です。民進党はこれまでも、原発政策に関して、党内で統一見解を出すことができませんでした。その理由は、連合の支持があるからです。連合は経済発展のために、原発を推進する会社が多いのです。

「希望の党」が、連合とも手を結ぶことになれば、原発ゼロの政策は、とてもとても困難になります。

反原発の人たちは、原発に関する政策においては、すでに民進党に失望しています。その点で、「希望の党」が、本当に原発ゼロを実現するのかどうか、冷静に見ているのではないか、と思います。

また、「希望の党」は、ふだん選挙に行かない人たち、いわゆる「浮動票」を集めることが大事です。小池さんもそう思っているはずだと思います。その浮動票の多くは、女性と若者たちです。女性と若者たちの関心を集めるためには、環境問題、食の安全は、どうしてもはずせないテーマとなってきます。

エコ、というテーマにおいても、連合は、経済発展のために、反対だということです。ここは、まっこうからぶつかっている形になります。もし「希望の党」が、民進党とタッグを組めば、大切な女性票と若者票が、消えてしまう可能性もある、と思います。

今回の選挙で、一気に政権交代を考えるのは、行き過ぎかな、と思います。それは小池新党にも言えることです。参議院の議席が民進党にはあるので、それはとても「おいしい」ものかもしれないですが、一気に与党になろうとすると、うまくいかないのではないか、と思います。

「希望の党」に、これまでも期待を寄せてきた人たちの、顔を思い浮かべて、何が期待されているのか、今一度、原点に立ち返ってはどうか、と思います。そして、小池さんが、本当にやりたかった政治を、一本筋を通して、行くのがいいのではないか、と思います。

小沢一郎氏が、「希望の党」に合流しようとしているのも、気になりますね。すっきりしないです。

若い人たちのために、新しい時代をひらく選挙戦になるように、望んでいます。また状況の変化がありそうなので、よく考えていきましょうね。では、またね!