2017年9月27日。ツイッターまとめ。「希望の党」のこと。

こんにちは。風も心地よい秋となりました。お元気ですか…? 私は、いつもどおり、内助の功につとめています。!(^^)!

女性が女性らしく仕事をするためには、内助の功も家事も、誇りをもってすることが大切だといつも思っています。

私は、家事は楽しいと思いますよ…。家事を楽しめない女性が増えたのは、とても残念なことじゃないかな、と思っています。小さな女の子は、ままごと遊びをします。女の子の本質が見えるように思います。でも、仕事も大切だと思っています。

仕事も家事も、上手にバランスをとれて、「まわす」ことができたら、こんなに楽しいことはないですよね。要は、家事をマスターして、うまくなることじゃないかな、と思います。学校の家庭科、男子も女子も、がんばりましょう。生きていくために、とても必要なことです。

ところで、昨日26日には、首相が、解散総選挙を表明しました。そして、小池百合子さんの「希望の党」が、立ち上がりました!

私が、「希望の党」に期待したいのは、ひとつは「原発ゼロをめざす」という点です。たくさんの、反原発の票が集まるんじゃないか、と思います。

もうひとつ、気に留めていた点は、憲法問題です。これも、正面切って論じていく、ということで、保守票を集めることができそうで、安心感があるように思います。

ようやく迎えた、解散総選挙です。例の「モリカケ問題」を、国民は忘れてはいないと思います。そういう意味で、自民党にとって、厳しい選挙になるかもしれないですね。反自民党の、受け皿となるのが、「希望の党」となれそうです。

「希望の党」としては、選挙区に何名かの候補者がすでに決まっていますね。期待できそうです。選挙区が立候補できない地域からも、比例区の票が全国から集まりそうですから、比例の名簿は、たくさんの候補者を並べておきたいですね。

しかし、自民党にも秘策がありそうです。というのは、これから三週間の間に、北朝鮮からのミサイルが、一発でも飛んできたら、憲法問題に火がついて、一気に風が反対向きになりそうですものね。

自民党としては、これから選挙投開票日までに、ミサイルが何発か飛んでくることを、計算に入れているのではないか、と思われます。

「希望の党」の獲得議席数によっては、与党となることも、可能なのですか…?

それで、連立を組めば、都知事は首相になれないから、連立先の政党の代表が、首相になる、とそういう発想で、小池氏の発言があったのでは…?

長沢氏のこと、なんとかなりませんか…? 組織票も人の集まりです…。選挙運動に水がかけられてしまいました…。

そういうわけで、今回の総選挙、とても盛り上がりそうです。結果が誰も予測できないあたりが、興味関心を集めますね。小池さん、ファンがたくさんいます。女性の希望の星です。これからも応援しています。じゃ、またね!